Ryoko Tasaki
2022年1月07日

世界マーケティング短信:CESのハイブリッド開催、2022年のトレンド予測

2022年最初の「世界マーケティング短信」は、年末から年始にかけての注目すべき動向をお届けする。

米ラスベガスで開催中のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)会場
米ラスベガスで開催中のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)会場

※記事内のリンクは、英語サイトも含みます。

 

CES、新型コロナ感染拡大により1日短縮

家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」が、米ラスベガスとオンラインのハイブリッドで開催中だ。当初8日までの開催を予定していたが、新型コロナウイルスのオミクロン株感染拡大を受け1日短縮となった。T-モバイル、AT&T、メディアリンクなどの企業はリアルでの参加を見送っている。今回特に注目が集まっているのは、インターネット上の仮想空間「メタバース」に関連した最新技術だ。

 

NBC、広告IDのプラットフォームの立ち上げを発表

米メディア大手のNBCユニバーサルがCESで、広告IDのプラットフォーム「NBCユニファイド(NBCUnified)」を立ち上げると明らかにした。同社のストリーミング視聴者やニュースレター購読者、ECサイトでの購入者などファーストパーティーデータを、広告主やサードパーティーのデータと組み合わせ、パーソナライズド広告の配信に役立てる。同社が保有するIDは1.5億人、5000万世帯に及ぶ。

 

電通、サステナビリティのガイドを無料公開

電通ジャパンネットワークは先月末、「サステナビリティ・コミュニケーションガイド」を発行した。2018年に制作した「SDGsコミュニケーションガイド」を刷新したもので、直近数年間のサステナビリティに関する国内外の情勢や、コミュニケーション施策のチェックリスト、「環境」と「人権」で確認するべきポイントがまとまっている。

チームメンバーの多様性や、企画立案の際に考慮すること、表現において注意すること、寄せられた意見への対応など、コミュニケーションの前から発信後までが、さまざまな失敗例を交えながら具体的に示されており、無料でダウンロード可能だ。

 

2022年のトレンド予測概括

年末年始になると、新年のトレンド予測が広告・マーケティング業界各社から発表される。このたびCampaign編集部はこれらの予測を読み、15の要点に概括した。その中から、以下に3点ご紹介する。

まず、パンデミックによって世の中が不安定化し、「主導権を握っていることを、消費者はもっと実感したくなるだろう」と予測したのは、ミンテル「グローバル・コンシューマー・トレンド2022」だ。商品の原材料に何が使われ、何が使われなかったか、効果がどの程度見込めるのかといった情報が求められており、「変化する個々のニーズや状況に合わせて意思決定を行うために、消費者は明確で透明性のある情報、柔軟性、オプションを必要としています」。

アプノベーション「トップ・マーケティング・トレンド2022」によると、信頼とソーシャルグッド(社会を良くする活動や製品)はCMOにとって必須項目になる。消費者はマーケティングの意図を警戒している他、彼らの期待に政府が沿えない場合にはブランドやマーケターに応えてほしいとも考えている。消費者からの期待に応えるためにCMOは、個人情報の安全性を確保すること、そしてブランド力を利用して重要な課題に声をあげることで、消費者との信頼関係の構築に注力するべきだという。

フォレスター「プレディクションズ2022」は、「変革の新しい波が来るだろう」と予測。デジタルによる均一化やIT投資のリターン低下によって、事業価値の提供はますます激しい競争になる。新しい変革では「人間を中心としたテクノロジーが、顧客体験と従業員体験を密接に結びつけ、競争優位性を高め、生産性を3~5%向上させるでしょう」。

その他のトレンド予測概括について、詳しくはこちら(英語)から。

 

ポルシェAPAC、夢を追い続ける女性の勇気を支援

アジア太平洋地域での事業開始から20周年を迎えたポルシェが、同地域向けのキャンペーン動画を公開した。車そのものに焦点を当てるのではなく、ポルシェのフォルムに魅せられ、夢に忠実であり続けた人物の物語が軸になっている。幼いころにポルシェを見た少女は、学校で授業中に空想にふけり、成績の悪さを親から怒られる。だがデザインの道に進みたいという希望を貫いた彼女はその後、父親から認められ、憧れていたポルシェにも乗ることができたようだ。手掛けたのはシンガポールの映像作家、ロスリー・ユソフ氏。

なお同社は、NPO「ユナイテッド・ウィメン・シンガポール」のプログラムを支援するため。10万ユーロの奨学基金を立ち上げたことも発表した。

 

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

グループエム、世界の広告費予測を下方修正

グループエム(GroupM)によると、実体経済と広告費の乖離が拡大しており、2022年の広告費見通しは「予想されているほど悪くない」という

3 日前

Z世代がブランドに求める3つのこと

Z世代の関心を惹きたいブランドに、当のZ世代は何を期待しているのか。デブリーズ・グローバル(DeVries Global)のシンガポール支社でコンサルタントを務めるゴードン・チュア氏が、Z世代の視点について語った。

3 日前

ゲレティ・アワード 日本審査員が語る広告界の今

女性の視点を反映した世界的規模の広告賞「ゲレティ・アワード 」。日本で審査員を務めた面々が、業界におけるジェンダー平等、女性がより共感できるストーリーの必要性などを語り合った。

3 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、3年ぶりに現地開催

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。