Ian Liddicoat
2024年5月16日

広告へのAI投資を失敗させないために

AIは特効薬ではない。非常に高い能力を持つテクノロジーだが、管理や実装が正しく行われて初めて効果を発揮する。

広告へのAI投資を失敗させないために

* 自動翻訳した記事に、編集を加えています。

人工知能(AI)は今、業界を問わず話題の中心になることが非常に多く、膨大な数の課題に対する解決策として紹介されることも少なくない。広告においても例外ではない。

しかし、AIは特効薬ではない。非常に高い能力を持つテクノロジーだが、管理や実装が正しく行われて初めて効果を発揮する。AIに何をさせたいのかを明確に理解していないと、投資が無駄になるリスクがある。ここで話題にしているのはチャットGPT(ChatGPT)やミッドジャーニー(Midjourney)ではなく、広告主が直面している課題に的確に的を絞ることができないおもちゃである。

AIはデジタルキャンペーンを改善するだけでなく、よりクリエイティブで費用対効果が高く、正確で適応性の高い広告ツールへと根本から変えることができる。果たしてブランド側に、それを受け入れる準備ができているのだろうか?

AIを適切に実装するには

AIへの投資に何を期待するかをきちんと計画することが、ブランドにとって重要だ。AIにはクリエイティブと測定の両方において、インパクトのある広告を実現する能力を持つため、明確なロードマップを持つことがまず最初のステップとなる。

AIはキャンペーンを最初から最後まで支え、クリエイティブを迅速かつコスト効率良く配信することができる。過去のキャンペーンから得た膨大なデータを分析し、いつ、どこで、どのように広告を出せば最も効果的かを示すことで、ターゲットを絞った魅力的な広告の作成をサポートできるのだ。

ブランドのオーディエンスはAIによって、より的確にターゲットが絞られてエンゲージされ、測定される。そのためキャンペーンのパフォーマンスを、当初の計画や目標と照らし合わせて正確に判断することができる。

AIツールは、個々の消費者が広告にどのように反応するかを総合的に評価する上で役立つ。エンゲージメントのレベルを測定することで、ブランドはユーザーの広告に対する意図や満足度をしっかりと把握することができる。すると質の高いキャンペーンを作ることができ、最終的には設定していた目標を達成、あるいはそれを上回ることにも貢献する。

AIは創造性を高めるものであって、妨げるものではない

生成AIが爆発的に普及して以来、市場の認識は「基本的な」アプリケーションに限定されることが多くなった。生成技術を広告に応用することは、単にデータをそのまま返すというものではない。新しいキャンペーンのあらゆる段階において「考え」て、過去に蓄積されたデータを使い、将来のプロジェクトを最適化することでAIは機能する。

AIは学習結果を応用して、より実用的なブリーフを短時間で作成したり、ブランドのアイデアやアセットの観念化を促進するなど、キャンペーンの最初から最適なパフォーマンスを発揮できるようにする。ブランドのガイドラインを遵守し、より良いエンゲージメントを促進するクリエイティブを作り、ブリーフで定義した成功に最もよく沿うアウトプットを生み出す。キャンペーンの管理はより効果的になり、時間的な負担も軽減されるため、チームはプロセス全体を通じて戦略的かつ付加価値の高い活動に集中できるようになる。

そしてAIに投資したブランドはこれらのメリットを、設定段階だけでなくリアルタイムで実感できるのだ。AIは消費者の行動を追跡し、オーディエンスの意図やエンゲージメントを常に分析・解釈して、ブランドがあらゆるキャンペーンを最大限に活用できるようにする。そしてAIは、公開された瞬間から広告を最適化することができる。

AIが効果を最大限に発揮するのは、定量的な指標によって測定する分野だ。したがって、広告はAIを最も活用しやすい分野なのだが、それでも人間を完全に排除すべきではない。

人間のクリエイティビティーを優先すべき時

広告へのAI導入の利点は疑う余地がないが、それが万能の解決策というわけではない。特にKPIの設定と達成、オーディエンスのニュアンスの特定など、広告キャンペーンの成功においては依然として人間の創造性が必須だ。

結局のところ、AIによる自動化は人間の創造性に取って代わるものではなく、補完するものなのだ。

AIがクリエイティブアセットやアイデア、ガイドラインを分析し、チームが出した案に最適な活用方法を推奨し、キャンペーン戦略を将来にわたって維持していくには、人間とAIの適切なバランスを見つけることが不可欠だ。

市場のノイズを回避するコツは、すべての広告キャンペーンがターゲットオーディエンスと完璧に一致するようにすることだ。これは量よりも質を優先するということを意味しており、AIが得意とすることでもある。

ブランドが明確な目標を設定し、さまざまなテクノロジーの応用について調査を行い、人間の創造性とAIの適切なバランスを取っていれば、広告キャンペーンの管理とパフォーマンスはすぐに大幅に改善されるだろう。


イアン・リディコート氏は、アドルディオ(Adludio)の最高技術責任者。

提供:
Performance Marketing World

関連する記事

併せて読みたい

16 分前

「人間性の回復」をサポートする、AI

AIは人の文化にどのような影響を及ぼすのか。その活用次第では、我々が失いつつある人間性を取り戻せるかもしれない。

4 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ2024が開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2024年6月19日

「AIがクリエイティブの精度向上を促す」 フィリップ・クラコフスキー IPG CEO

AIの時代に、大手エージェンシーのトップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。今回はインターパブリック・グループのフィリップ・クラコフスキーCEOが登場する。

2024年6月19日

「感情的な深みをクリエイティビティーで追求」 五十嵐博 電通グループ代表執行役社長 グローバルCEO

AIの時代に、大手エージェンシーのトップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。電通グループの五十嵐博社長が語る。