Tatsuya Mizuno
2024年1月31日

若年層が優先するのはデジタル、中高年はテレビ:メディア利用実態調査

IPGメディアブランズジャパンがデジタルメディアの利用実態・意識を明らかにする調査を行った。その結果、若年層は日常の空き時間にデジタルを、40代以上はテレビを優先的に利用していることがわかった。

若年層が優先するのはデジタル、中高年はテレビ:メディア利用実態調査

この調査は昨年11月、関東・関西に居住する15〜74歳の2400人を対象に実施。日常を5つの生活場面に分け、それぞれの空き時間で優先的に接触するメディアを4つの年代別に調べた。その結果、日常の全ての空き時間で若年層(10〜30代)はデジタルを、40代以上はテレビを優先的に利用していることがわかった。

まず、ティーンエイジャーと20〜30代は1日を通してデジタル中心の生活を送る。「起きてすぐ」から「寝る前」まで、1日を通して優先的に閲覧するのはSNSだ。また、「起きてすぐ」にはLINE、帰宅後「自宅でくつろいでいる時」にはユーチューブの視聴も多かった。SNSやユーチューブを利用する傾向は、20〜30代よりもティーンエイジャーの方が顕著だった。

一方、40代以上は昼夜を問わずテレビを優先的に利用。その傾向は60代で最も顕著で、「食事中」には4割超がテレビを視聴する。また40〜50代は「寝る前」にユーチューブも多く利用し、その比率はテレビに匹敵した。

※1 テレビ(地上波)またはテレビ(地上波以外)のいずれかを優先的に視聴
※2 4サービス(TVer, Amazonプライムビデオ, ABEMA, Netflix)のいずれかを優先的に視聴
※3 4サービス(X, Instagram, TikTok, Facebook)のいずれかを優先的に閲覧

全ての年代を通じ、「起きてすぐ」「通勤通学中」は情報収集、帰宅後は娯楽目的でメディアを使い分ける傾向がうかがえる。具体的に挙げれば、「起きてすぐ」「通勤通学中」は情報収集に適したX(旧ツイッター)やニュースアプリ/サイトが、「自宅でくつろいでいる時」は娯楽性の強いユーチューブが優先的に利用される。また、テレビは終日利用されるが、「起きてすぐ」は情報収集とともに時計代わりとして、帰宅後はバラエティー番組やドラマなど娯楽目的として視聴される傾向が強い。

年代別で詳しく見ると、特徴的だったのはティーンエイジャーと60代以上だ。ティーンエイジャーは自宅での空き時間にSNS、特にTikTok(ティックトック)の閲覧が9%と高い。また、「通勤通学中」は音楽/音声配信サービスの聴取が12%で、全体平均の4%を大きく上回った。60代ではテレビの利用が圧倒的に高く、中でもニュースアプリ/サイトの視聴が終日多い。また「起きてすぐ」「通勤通学中」にはラジオ/radikoを利用した情報収集も目立った。

調査全体を通じ、消費者は目的に応じ、接触するメディアを使い分けていることがうかがい知れた。

※ テレビは黄色、SNSは青でまとめており、その他はサービス別に色分け
※ 全体より5pt以上高い場合は赤字、全体より5pt以上低い場合は青字

(文:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

パリ五輪で成功を目指すために必要なこと

世界的なスポーツの祭典で、アジアのブランドはどのように広告費を最大限に活用しているのか、マーケティング戦略を成功させる鍵は何か、若いファンを取り込むのに最適なプラットフォームは何か。

1 日前

メタCMO、戦略と「予算削減」を語る

2020年からメタのマーケティングを牽引するアレックス・シュルツ氏。若者たちの間での人気復活やプラットフォーム再構築など、複雑な課題を抱えた同社のマーケティング戦略を語る。

1 日前

ChatGPTは分析ツールとして信頼できるか?

期待外れに終わった実験から1年が経ち、飛躍的に成長したChatGPTは分析ツールとしての信頼を取り戻せたのだろうか? 我々のデータを、安心して託すことはできるだろうか?

2024年5月24日

世界マーケティング短信:Netflixの広告付きプランが4000万人を達成

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。