David Blecken
2019年4月01日

豪州政府観光局、日本のPR会社を募集中

豪州観光の魅力を「価値の高い」日本人観光客に届けるため、PR活動をサポートする会社を募集中だ。

写真:Shutterstock
写真:Shutterstock

オーストラリア政府観光局が、日本でのPR事業の入札を募集している。

声明によると、豪州政府観光局はサービスプロバイダー1社との契約を目指している(サービス開始は8月1日を予定)。

同局が求めているのは「豪州で休暇を過ごすことの楽しさが、(さまざまな情報が溢れる中で)埋没することなく人々に届き、夢中にさせ、クチコミでの推薦となって広がっていく。これらを測定可能な形で具体的に達成する、戦略的なPRプラン」とのことだ。

業務内容は、メディアリレーション、コンテンツ、コンテンツホスティング、インフルエンサーマーケティング、ソーシャルメディア、ブランド管理、レピュテーション管理など。

豪州政府観光局のウェブサイトによると、2017年に同国を訪れた観光客の中で日本人は5番目に多かった。また日本人観光客の消費額は他国の観光客と比較すると2~3倍で、「価値の高い」観光客だと位置づけている。約8割が個人旅行客として訪れていることも明らかになった。

入札期限は4月22日。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

4 日前

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。

4 日前

APACのブランドセーフティ指標が大きく改善:ダブルベリファイ調査

ダブルベリファイの調査によれば、APACではモバイルアプリ広告の品質も向上している。また、アドフラウドが減少し、動画広告のビューアビリティが向上したことも確認された。ただし、ディスプレイ広告のビューアビリティはやや低下している。