Staff
2020年3月13日

Campaign Japanへのアクセス方法が変わります。

来週よりご登録いただいた方々のみ、全てのコンテンツの閲覧が可能になります。ご登録は無料、方法は至って簡単です。

Campaign Japanへのアクセス方法が変わります。

私たちCampaign Japanは、マーケティングコミュニケーション・ジャーナリズムに誇りを抱いています。業界を建設的かつシビアな目で見つめ、ベンチマークを定め、エージェンシーやブランド、メディアサプライチェーンがより成長できるよう、課題の提起を欠かさない。私たちは素晴らしい仕事、それを実現する人々に心から敬意を評します。

批判的分析と周到なリサーチに基づいたジャーナリズムは、業界の向上に寄与します。それを続けていくため、私たちは読者の皆様をもっと良く知りたいと考えるのです。

来週より、Campaign Japanのコンテンツへのアクセス方法が変わります。簡単な登録制度を導入し、読者の皆様には引き続き私たちのコンテンツを全て無料でお楽しみいただきたいと考えています。

この無料登録制度は弊社におけるマーケティングやコミュニケーション、メディアオーディエンスをより理解するためのものであり、それによってより適切な記事や動画、イベントを私たちのコミュニティーに提供することが目的です。

現在Campaign Japanのニュースレターにご登録されている皆様は、ご自身のアカウントからログインしていただくだけ。

新たなユーザーの方々は、クリックすることで毎月一つの記事か動画をご覧いただけます(30日間有効)。さらなるコンテンツをご覧いただく場合は、ご登録が必要となります。

皆様のご協力に深く感謝するとともに、今後も皆様にとってより価値の高いコンテンツの提供に尽力していく所存です。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:トランプに異を唱えるブランド、ワッツアップへの逆風

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

クリエイティビティと効果の関係

クリエイティビティと効果向上は手を取り合う必要があると、マッキャン・ワールドグループ(McCann Worldgroup)のグローバルプレジデント兼最高戦略責任者は語る。

3 日前

プライバシー保護法がネット広告を規制する時代

EUのGDPR(一般データ保護規則)をはじめとするプライバシーに関する法律は、コンプライアンス部門に任せきりにすべきではない。インターネット広告に力をもたらすデータ収集の慣行こそが、プライバシー保護規制の焦点であり、マーケターも留意する必要がある

2021年1月08日

世界マーケティング短信:ネットフリックスの日本向けキャンペーン、過労死で揺れる中国テック業界

2021年最初の「世界マーケティング短信」は、年末から年始にかけての注目すべき動向をお届けする。