Staff
2020年3月13日

Campaign Japanへのアクセス方法が変わります。

来週よりご登録いただいた方々のみ、全てのコンテンツの閲覧が可能になります。ご登録は無料、方法は至って簡単です。

Campaign Japanへのアクセス方法が変わります。

私たちCampaign Japanは、マーケティングコミュニケーション・ジャーナリズムに誇りを抱いています。業界を建設的かつシビアな目で見つめ、ベンチマークを定め、エージェンシーやブランド、メディアサプライチェーンがより成長できるよう、課題の提起を欠かさない。私たちは素晴らしい仕事、それを実現する人々に心から敬意を評します。

批判的分析と周到なリサーチに基づいたジャーナリズムは、業界の向上に寄与します。それを続けていくため、私たちは読者の皆様をもっと良く知りたいと考えるのです。

来週より、Campaign Japanのコンテンツへのアクセス方法が変わります。簡単な登録制度を導入し、読者の皆様には引き続き私たちのコンテンツを全て無料でお楽しみいただきたいと考えています。

この無料登録制度は弊社におけるマーケティングやコミュニケーション、メディアオーディエンスをより理解するためのものであり、それによってより適切な記事や動画、イベントを私たちのコミュニティーに提供することが目的です。

現在Campaign Japanのニュースレターにご登録されている皆様は、ご自身のアカウントからログインしていただくだけ。

新たなユーザーの方々は、クリックすることで毎月一つの記事か動画をご覧いただけます(30日間有効)。さらなるコンテンツをご覧いただく場合は、ご登録が必要となります。

皆様のご協力に深く感謝するとともに、今後も皆様にとってより価値の高いコンテンツの提供に尽力していく所存です。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

13 時間前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

17 時間前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

17 時間前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

2 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。