Oliver McAteer
2020年4月16日

DAN、経費削減策を実施

「新型コロナウイルスの危機が去った後は、健全で持続可能なビジネスを推進していく」と電通イージス・ネットワーク(DAN)のスポークスマンは語る。

DAN、経費削減策を実施

新型コロナウイルスの感染拡大で経営が悪化するDANが、経費削減策を実施した。

給与削減や社員の自宅待機などがその一環で、360i、カラ(Carat)、アイプロスペクト(iProspect)といった傘下の広告エージェンシーも含まれる。

電通グループのスポークスパーソンは声明の中で、「新型コロナウイルスの感染拡大とともに、我々は社員の健康、クライアントとの関係強化、そして地域経済・社会のサポートを最優先してきた」と述べる。

「新型コロナによる経営への影響を鑑み、ビジネスの継続性を維持し、世界の全社員の暮しを守るため、全社的経費削減策を実施する」

「社員こそ我々の最も偉大な力。コロナ危機後は社員とクライアントのために健全で持続可能なビジネスを推進していけるよう、今行えることを全て行う」

大手広告代理店グループが一様に経費削減を模索するなか、DANはひと足早く具体策に着手したかたちだ。先週、インターパブリックグループ(IPG)のマイケル・ロスCEOは、「我がグループのエージェンシートップは、数日中に対策を実施するよう指示を受けている」とのメッセージを社員に送った。

(文:オリバー・マカティア 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign US

関連する記事

併せて読みたい

22 時間前

「40 Under 40 2020」:日本ブランドの若き才能

アジア太平洋地域(APAC)のマーケティング及びメディア業界で活躍する若手を、Campaign Asia-pacificが毎年選出する「40 Under 40」(40歳以下の40人)。先週は日本を拠点とする逸材をご紹介したが、今週は日本企業の下、他国で異才を発揮する4人を取り上げる。

4 日前

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2020、結果発表

Campaign Asia-Pacificが主催するアワード「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2020」の、日本/韓国地域における受賞企業ならびに受賞者が発表された。

2020年11月27日

世界マーケティング短信:パンデミックがあぶり出す脆弱さ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年11月27日

「40 Under 40 2020」:APACの明日を担う、若き日本の才能

アジア太平洋地域(APAC)のマーケティング及びメディア業界で目覚ましい活躍をした若手の逸材を、Campaign Asia-pacificが毎年選出する「40 Under 40」(40歳以下の40人)。今年は日本から2人が選ばれた。