Ryoko Tasaki
2019年9月02日

JWTとワンダーマンが合併 CEOに北島広宣氏が就任

WPPのマーク・リードCEOが昨年末に打ち出した構造改革戦略の一環として、このたびJWTとワンダーマンが合併した。

(左から)北島広宣氏、新沢崇幸氏
(左から)北島広宣氏、新沢崇幸氏

ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン(JWT)とワンダーマンジャパンが合併し、ワンダーマン・トンプソン・トウキョウとなった。

両社ともWPPグループに属しており、グループの中核であるJWTと、デジタルおよびデータ・ドリブン・マーケティングの第一人者であるワンダーマンが合併することで新たなクリエイティブカンパニーとなる。未来の課題を解決できる「Future Proofなクリエイティブカンパニー」が、目指す姿だ。

CEOは北島広宣氏(前JWTマネージングディレクター)、CCOには新沢崇幸氏(前TBWA HAKUHODOシニア・クリエイティブ・ディレクター)が就任する。

北島氏は本日発表されたリリース内で「この日本においてブランディング、クリエイティビティ、データ&テクノロジーを融合した『未来の課題を解決するクリエイティブカンパニー』」としてオンリーワンの存在であることを実証していきます」とコメント。新沢氏も「未来に先回りするクリエイティブを一緒に作っていきましょう」と意欲を見せる。

なお、法人としての登記は2020年前半を予定している。

(文:田崎亮子)

 

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

21 時間前

世界マーケティング短信:大胆なアイデアで、気づきから行動へ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

23 時間前

異例の五輪 社会貢献に注力したトヨタ

東京五輪の主要スポンサーだったトヨタ自動車にとって、今夏の大会は決して期待通りのものではなかった。だがアクティベイションを「社会善」に転換、消費者から大きな共感を得た。

23 時間前

コンテクスチュアル広告はブランド想起を高める:IAS調査

コンテクスチュアル広告は、Cookieの有効な代替手段になるとの調査結果が発表された。

23 時間前

バーチャルマーケティングの限界にどう対応するか:セールスフォース

データソースの爆発的な増加やバーチャルマーケティングの飽和、そしてパンデミックがもたらした市場の変化が定着する中でマーケターに求められるスキルアップなどについて、セールスフォースのAPACマーケティング担当シニアディレクターが語る。