Ryoko Tasaki
2022年2月04日

MUJI店舗 俳句がいざなう 読書の旅

シンガポール国家図書館委員会(NLB)が、俳句に着想を得た読書啓発活動をオグルヴィ、無印良品と共に実施中だ。

MUJI店舗 俳句がいざなう 読書の旅

NLBが俳句の形式を用いて読者の魅力を伝えるキャンペーンを、無印良品の2店舗(ジュエル・チャンギ空港店、プラザシンガプーラ店)で6月28日まで展開している。

店内の壁に設置されているのは、無料で持ち帰ることができるしおりで、お薦めの図書についてヒントを与える俳句形式の推薦文が書かれている。しおりのQRコードを読み取ると、電子書籍を読むことができる仕組みになっている。制作はオグルヴィ・シンガポール。

「俳句は美しい日本の文化。それを強調しながら、読書の楽しさを訴求できることには、二重の発見があるように感じます」と語るのはオグルヴィ・シンガポールのクリエイティブディレクター、エルリッド・カルバリョ氏だ。「このしおりに好奇心をかき立てられ、デザインや俳句形式の美しい文に触発された方々が、家で書籍をダウンロードして読書の旅を続けてもらえればと願っています」。

 

(文:マシュー・ミラー、翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

フェデラー選手、若いファンとの約束をサプライズで実現

テニス界のレジェンドが、かつて約束を交わした若いファンの前にサプライズで登場し、一緒にプレーを楽しんだ。

1 日前

世界マーケティング短信:アップルがDSP設立を計画か

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

広告界は「週休3日制」を受け入れられるか

中小のエージェンシーではすでに試験的に導入されている週休3日制。しかし、より多くのニーズを満たさねばならない大手企業にとっては課題が多い。

1 日前

コロナ後は50歳以上のマーケットに注目:WPPレポート

WPPオーストラリア・ニュージーランドのプレジデントは、マーケターは、予測可能で無難な、お決まりの仕事とは決別し、コロナ後の世界に魔法をもたらすべきだと説いている。