Ryoko Tasaki
2022年2月04日

MUJI店舗 俳句がいざなう 読書の旅

シンガポール国家図書館委員会(NLB)が、俳句に着想を得た読書啓発活動をオグルヴィ、無印良品と共に実施中だ。

MUJI店舗 俳句がいざなう 読書の旅

NLBが俳句の形式を用いて読者の魅力を伝えるキャンペーンを、無印良品の2店舗(ジュエル・チャンギ空港店、プラザシンガプーラ店)で6月28日まで展開している。

店内の壁に設置されているのは、無料で持ち帰ることができるしおりで、お薦めの図書についてヒントを与える俳句形式の推薦文が書かれている。しおりのQRコードを読み取ると、電子書籍を読むことができる仕組みになっている。制作はオグルヴィ・シンガポール。

「俳句は美しい日本の文化。それを強調しながら、読書の楽しさを訴求できることには、二重の発見があるように感じます」と語るのはオグルヴィ・シンガポールのクリエイティブディレクター、エルリッド・カルバリョ氏だ。「このしおりに好奇心をかき立てられ、デザインや俳句形式の美しい文に触発された方々が、家で書籍をダウンロードして読書の旅を続けてもらえればと願っています」。

 

(文:マシュー・ミラー、翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2022 日本 / 韓国:アクセンチュア ソングとUMが躍動

「クリエイティブエージェンシー・オブ・ザ・イヤー(日本)」金賞に輝いたのはビーコンコミュニケーションズ。TBWAも日韓両国で好結果を残したが、最も多く金賞を獲得したのはアクセンチュアソングとUMだった。

2022年12月02日

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2022 日本/韓国:結果発表

Campaign Asia-Pacificが主催する2022年「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」の、日本および韓国の結果が発表された。

2022年12月02日

世界マーケティング短信:カタール、広告禁止でロンドン投資を見直し

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2022年12月01日

世界のマーケターが日本のアニメに注目する理由

日本アニメの数十億ドル規模の活況は、ネットフリックス、アマゾン「プライムビデオ」、ディズニー、ソニー・ピクチャーズにとって注目の的だ。そろそろブランドも目を向けてもいい頃だろう。