深層

2 日前

企業はパンデミック禍のメンタルヘルスにどう向き合うべきか

何気ない会話やストレス解消のための時間をとることは、メンタルヘルスの課題に対するサポートや偏見の解消につながる。

3 日前

広告界初、世界規模のダイバーシティー調査:Campaign、WFA、カンター

Campaignと市場調査会社カンターが、アジア太平洋地域(APAC)で実施してきたダイバーシティーに関する調査。世界広告主連盟(WFA)主導の下、対象国を世界に拡大して行われることとなった。

2021年6月04日

世界マーケティング短信:大坂選手の棄権に反響、化石燃料企業の広告に逆風

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年6月03日

フロイド氏事件1年:ブランドは「公約」を守ったのか

ジョージ・フロイド氏が白人警官から暴行を受け、殺害されてから1年。差別撤廃や公平性の実現をうたった米国企業は、言葉通り改革や社会貢献を実行したのか。

2021年6月03日

ネスプレッソはパンデミックで得た成長をいかに維持していくのか

長年にわたりジョージ・クルーニーをアンバサダーとして起用してきたキャンペーンの最新作に続き、ネスプレッソの最高ブランド責任者アンナ・ ランドストロム氏は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がもたらした急成長を踏み台に、製品ラインナップを深化させ、ブランドパーパスを強化していきたいと述べた。

2021年5月28日

世界マーケティング短信:コミュニケーション業界の多様性は進んだか?

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年5月28日

「沈黙は同意」─ブランドパーパスのためにマーケターができること

「パーパスウォッシュ」との非難を避けるにはどうすればよいか、Campaignのイベント「Media 360」で、英国のトップマーケターたちが語った。

2021年5月26日

ブランドは、東京五輪の「価値」を見直すべし

開催を巡っていまだ賛否両論が絶えず、祝祭ムードが一向に盛り上がらない東京五輪。それでも、ビジネスチャンスになる可能性は十分にあるだろう。

2021年5月21日

世界マーケティング短信:コミュニケーション業界の次世代育成

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年5月21日

フォレスターのCMO、マーケターに部門間の連携強化を提言

パンデミック期間中に、商品購入に至るまでのタッチポイントが平均で17から27へと増加しており、マーケターはすべてのタッチポイントの監視を強化する必要があるだろうと、フォレスターのシャーリー・マクベス氏はいう。

2021年5月21日

エージェンシーの長時間労働に終止符を打つには

長時間労働の文化を生む原因には、エージェンシー自身の努力や工夫で改善できるものもあれば、できないものもあるが、本記事ではエージェンシーが自ら実行できる改善策を提案する。

2021年5月17日

「クッキー後」の時代へ APACマーケターの課題

Campaign Asia-Pacificと調査会社フォレスター、WFA(世界広告主連盟)による共同調査で、アジア太平洋地域(APAC)の半数近いブランドが依然としてサードパーティクッキーに依存していることがわかった。

2021年5月13日

世界マーケティング短信:デジタル広告の透明性向上へ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年5月13日

プライバシー尊重をめぐる複雑な状況とは

これまで不信感を募らせてきたAPACの消費者は、公平な価値交換を承諾してくれるのか、それとも個人を特定できる情報(PII)を使用しないコンテクスチュアルソリューションが主流になるのか、業界の専門家たちがこうした点について議論した。

2021年5月13日

D2Cの活況は、パンデミック後も続くのか

大小さまざまなブランドが消費者に直接リーチする機会を狙っているが、その一方で、パンデミックがもたらしたこの消費行動の変化が、彼らの大幅なフォーカスの変更を正当化し続けてくれることを願っている。

2021年5月07日

マーケとCSR、パーパスを担うべきはどちらか

パーパス(目的、存在意義)を伝えるメッセージの管理を担うべきなのはマーケティング部門だろうか、それとも、企業の社会的責任(CSR)の担当役員だろうか。

2021年5月06日

大手広告エージェンシー、揃って好決算

WPP、ピュブリシス、IPG(インターパブリック・グループ)が今年第1四半期(1〜3月期)の決算を発表。いずれもオーガニック成長率(前年同期比)が増加した。

2021年4月30日

世界マーケティング短信:アート思考とクリエイティビティーを組織知に

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年4月30日

Z世代の新しいチャットアプリ「ディスコード」とは

クラブハウスが話題になっているが、ブランドが次に目指すべき場所はディスコードかもしれない。

2021年4月29日

大人の顧客急増、レゴの躍進

コロナ禍で大人の需要が急増、売り上げを伸ばす組み立てブロックの玩具ブランド「レゴ」。その製品ラインナップは植物からスポーツカーまでと、今や実に幅広い。