深層

1 日前

世界マーケティング短信:大胆なアイデアで、気づきから行動へ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

異例の五輪 社会貢献に注力したトヨタ

東京五輪の主要スポンサーだったトヨタ自動車にとって、今夏の大会は決して期待通りのものではなかった。だがアクティベイションを「社会善」に転換、消費者から大きな共感を得た。

1 日前

バーチャルマーケティングの限界にどう対応するか:セールスフォース

データソースの爆発的な増加やバーチャルマーケティングの飽和、そしてパンデミックがもたらした市場の変化が定着する中でマーケターに求められるスキルアップなどについて、セールスフォースのAPACマーケティング担当シニアディレクターが語る。

2021年9月17日

世界マーケティング短信:リアルな情報で実像を描き出す

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年9月16日

日本のトップブランド:上位陣、コロナ禍でも安泰

【アジアのトップ1000ブランド】日本ではトヨタが4年連続で首位の座を堅持し、トップ5は昨年と変わらず。一方、楽天や三菱、日産が大きく順位を上げた。

2021年9月16日

広告における多様性はなぜ間違ったままなのか

広告キャンペーンで描かれる多様性は表面的で、その多くにはまだオーセンティシティー(真正性)が含まれていない。

2021年9月16日

アプリに対する要求レベルの急上昇にどう対処すべきか

ここ1年半、消費者は、生活上のあらゆるニーズを満たすためアプリに殺到し、ユーザビリティの悪いデザインや動作には厳しい目を向けるようになってきた。アップダイナミクスのリージョナルCTOが、ユーザーにアプリを削除されないためのヒントを紹介する。

2021年9月10日

世界マーケティング短信:若者に行動を促す対話

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年9月10日

メタバースが変えるブランドと顧客の関係

ゲーム開発会社ロブロックスが、ゲームチャットプラットフォームのギルデッドを買収した。このメタバースへの動きはゲーム業界だけでなく、あらゆるブランドが注目すべきだ。

2021年9月10日

中国の若年層へのゲーム規制は、どのような影響をもたらすのか?

中国政府が課したゲーム規制について、業界の専門家がそれぞれの見解を表明し、ターゲティング機会が減少することによって、若者向けのマーケティングがどのように変化していくかを予測した。

2021年8月27日

世界マーケティング短信:パンデミックで見つめ直す働き方

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年8月27日

居住地域による給与削減、「不公平」かつ「意欲を損なう」とAPACで不評

在宅勤務や居住地域によって給与を削減する施策が、人材流出につながる可能性が浮き彫りになった。

2021年8月27日

CMOが、CEOや取締役会にマーケティングの価値を証明するには。

フォレスターリサーチの調査は、マーケターは、マーケティング活動とビジネス影響との関連性を示せなければならないことを、示唆している。

2021年8月27日

リテールメディアネットワークは、ファネル中間層に訴求する

フェアプライス・グループ(FairPrice Group)のマーケティングおよびオムニチャネル収益化担当ディレクターが、「急成長」しているリテールメディアネットワークを活用し、ファネル中間層の顧客エンゲージメントを高める方法について語る。

2021年8月20日

世界マーケティング短信:パラ開幕目前、改めて問われる「インクルージョン」

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年8月20日

Z世代の憂鬱:マッキャン調査

マッキャン・ワールドグループが世界のZ世代に関する調査を実施した。その結果浮き彫りになったのは、日本の若者の消極性だ。

2021年8月20日

APACのeコマース調査:日本はアマゾン、楽天が2強

リプライズ・デジタル(Reprise Digital)APACの最新調査によると、APAC(アジア太平洋地域)の13市場を調査した結果、この地域におけるオンラインショッピングのパターンに重要な変化が起きていることが明らかになった。

2021年8月20日

広告業界の負の連鎖を断ち切るには

広告業界は、共感能力と相互尊重の精神をさらに高める必要がある一方で、不毛な業界慣行にも敢然と立ち向かう必要がある。

2021年8月13日

スカーレット・ヨハンソンのディズニー提訴から考える広告の未来

ストリーミングサービスが強くなるということは、テレビのスポンサー番組の視聴が減少するということを意味する。マーケターはテレビCMに代わる戦略を構築しなければならないと、グループMのブライアン・ウィーザー氏は言う。

2021年8月13日

今、注目の「香り」を活用したブランドマーケティングとは

人々の様々な感覚に働きかける戦略を採用するブランドが増えるなか、マーケターらは消費者の嗅覚に訴えかけることにより、人々の記憶や感情を呼び起こすことに成功している。香りを使ったブランディングは、単に物理的な空間を香りで満たすだけでなく、そのはるか先まで進化している。