深層

3 日前

クリエイティビティで進化するB2Bキャンペーン

シグナ、マイクロソフト、インテル、ユニリーバなどの企業が、革新的なB2Bキャンペーンを実現する方法を示している。しかしAPAC(アジア太平洋地域)では、まだ変化は始まったはかりだ。

2022年9月23日

次のCMOは、チーフ・ミュージック・オフィサー?

最高音楽責任者が経営に参画するケースが増えている。ブランドがサウンドの戦略的重要性に気づき、投資に乗り出すという、最近の広範なトレンドを象徴しているのだろうか?

2022年9月23日

セマフォーが進めるデジタルニュースの「抜本改革」とは

グローバルニュースパブリッシャー、セマフォー(Semafor)でCEOを務めるジャスティン・スミス氏と、エグゼクティブエディターのジーナ・チュア氏が、報道の「再考」について語った。

2022年9月23日

「パタゴニア株譲渡」は、究極のブランドパーパスか?

先週、米アウトドア用品大手パタゴニアの創業者イボン・シュイナード氏が、同社の全株式を環境団体などに寄付したことを明らかにした。この大胆な決断は、他企業にとって社会貢献の手本となるのか。コミュニケーションの専門家たちに聞いた。

2022年9月16日

メディア業界、「脱炭素化」へのアプローチ

パブリッシャーやプラットフォームと協働し、脱炭素化に積極的に取り組む広告主が増えている。だが、業界の規範や測定基準はなく、その道のりは平坦ではない。

2022年9月16日

マニュライフ重大疾病保険キャンペーンの背景にあるもの

マニュライフの香港・マカオのマーケティング責任者が、著名俳優のゴードン・ラムとルイーズ・ウォンを起用した新キャンペーンにより、香港の保険業界でどのように差別化を図ったのかを語る。

2022年9月16日

今話題の「静かな退職」は、広告業界に波及するのか

ソーシャルメディア上の新たな流行語の一つに過ぎないと思われた「静かな退職(Quiet Quitting)」が、広告業界にも影響を及ぼし始めている。APACの業界リーダーたちにその対応を尋ねた。

2022年9月09日

「広告付きストリーミング」で変わるメディア戦略

OTTプラットフォームを活用する広告主が増える中、新たなモデルとして広告付きストリーミングサービスが注目を集めている。ブランドやエージェンシーはどのように受け止めているのか。

2022年9月09日

デザイン思考とは何か、その本質と可能性とは

スパイクスアジアアカデミー:IBMのグローバルデザインディレクターのマイケル・タム氏が、大企業におけるデザイン思考の価値や、包摂性や持続可能性といった課題の解決方法について語る。

2022年9月01日

内部告発に揺れるツイッター、広告業界の反応は?

買収をめぐる法廷闘争の中、ツイッター社の内部慣行が明らかとなり、広告業界はツイッターに対し、セキュリティと測定方法について明確な説明を求めている。

2022年8月26日

クリエイティブワークでのAI利用に関する多くの誤解

スパイクスアジアアカデミー:ピュブリシスのクリエイティブテクノロジー責任者は、AIは、業界の誰かに取って代わることはないが、クリエイターに驚くほど役立つ可能性はあると述べている。

2022年8月26日

マリオット「Marriott Bonvoy」キャンペーンの舞台裏

マリオットのロイヤルティプログラム「Marriott Bonvoy」のマーケターであるジュリー・パーサー氏が、新キャンペーン「Here」について語った。TSLAが手掛けたこのキャンペーンは、旅行好きの心をくすぐる、休暇中の何気ない瞬間から着想を得ている。

2022年8月26日

ファーストパーティデータで有効なインサイトを

サードパーティクッキーが廃止されることで、ファーストパーティデータの重要性が増している。顧客データプラットフォームやツールをいかに活用するか、マーケターやブランドにとっては喫緊の課題だ。

2022年8月19日

WPP、大量採用に伴うコスト増だが、業績予想は上方修正

コカ・コーラ案件の獲得が追い風となり、WPPは2022年上半期、8.9%のオーガニックグロースを達成した。

2022年8月19日

アテンション指標は、新しい通貨になれるか?

エージェンシーやテックプロバイダーは、アテンション指標を高度化させているが、広告主をこの新しい通貨に乗り換えさせるには、組織文化やインフラの課題を克服する必要がある。

2022年8月12日

広告界は「週休3日制」を受け入れられるか

中小のエージェンシーではすでに試験的に導入されている週休3日制。しかし、より多くのニーズを満たさねばならない大手企業にとっては課題が多い。

2022年8月12日

コロナ後は50歳以上のマーケットに注目:WPPレポート

WPPオーストラリア・ニュージーランドのプレジデントは、マーケターは、予測可能で無難な、お決まりの仕事とは決別し、コロナ後の世界に魔法をもたらすべきだと説いている。

2022年7月29日

APACブランド、eスポーツ戦略の課題

世界のゲーマーの半数を抱えるアジア太平洋地域(APAC)。だがeスポーツ活用を図るブランドは、データの扱いやレポーティングが適切でないと専門家は指摘する。

2022年7月28日

感情コード:AIは人間と、真に共感することができるか

人工知能は、人間に対する理解を深め、まずます人間との関わりを強めている。そんななか、マーケターはどんな倫理的問題に備えておくべきだろうか?

2022年7月28日

デジタル化でファンをつなぎとめるトッテナム・ホットスパーFC

130年の歴史を持つサッカークラブのトッテナム・ホットスパーは、消費者(特にミレニアル世代)の関心をつなぎとめようと、さまざまなエンターテインメントを提供しているが、苦しい戦いが続いている。エグゼクティブディレクターのドナ・マリア・カレン氏がその取り組みについて語った。