深層

Premium
20年を迎えたW+K TOKYO クリエイティブの新たな雇用形態を模索
Premium
2018年7月12日

20年を迎えたW+K TOKYO クリエイティブの新たな雇用形態を模索

ワイデンアンドケネディ(W+K)の東京オフィスが20年目を迎えた。新世紀を目前にしてジョン・ジェイ氏(現在はファーストリテイリングのグローバルクリエイティブ統括)が立ち上げた同社は、どう変わり、何を学んできたのか。現在の中核を担う3氏にインタビューした。

Premium
「責任ある広告」を考える(パートⅢ:ステレオタイプ)
Premium
2018年7月05日

「責任ある広告」を考える(パートⅢ:ステレオタイプ)

広告主にとって重要なことは、社会の多様性を表現することにある。シリーズ最終回では、依然多くの広告主がとらわれているジェンダーのステレオタイプ −− 固定概念 −− について考察する。

Premium
パナソニック、デザインに注力
Premium
2018年7月04日

パナソニック、デザインに注力

パナソニックデザインのクリエイティブディレクターであり、デザイン統括部「フラックス(Flux)」のディレクターも務める池田武央氏。デザイン面を強化する同社の狙いを語る。

Premium
カンヌライオンズ2018:日本勢の受賞作品
Premium
2018年6月28日

カンヌライオンズ2018:日本勢の受賞作品

カンヌライオンズのデザイン部門で、日本の作品が健闘。

Premium
「クロスオーバー化」が進む日本企業
Premium
2018年6月28日

「クロスオーバー化」が進む日本企業

米大手テクノロジー企業が日本企業の事業の多様化を促進 −− マッキンゼーの元アジア太平洋地域デザイン責任者が語る。

Premium
「責任ある広告」を考える(パートⅡ:スナック食品)
Premium
2018年6月20日

「責任ある広告」を考える(パートⅡ:スナック食品)

子どもたちの肥満防止のため具体的なアクションを −− 世界的食品メーカーへのプレッシャーが強まっている。シリーズ第2回は、スナック食品の広告をテーマに取り上げる。

Premium
有意義なブランデッドコンテンツとは
Premium
2018年6月19日

有意義なブランデッドコンテンツとは

ハフポストのブランデッドコンテンツ統括責任者によれば、マーケターのほとんどが今も、押し付けがましいアプローチのコンテンツを制作しているという。

Premium
日本のエンターテインメントを世界へ EXILE HIROの挑戦
Premium
2018年6月14日

日本のエンターテインメントを世界へ EXILE HIROの挑戦

日本のポップカルチャーのアイコンたちが運営するエンターテインメント企業「LDH」。カンヌライオンズやブランドとのコラボレーションを通じ、欧米への進出を図る。

Premium
「責任ある広告」を考える(パートⅠ: データ)
Premium
2018年6月07日

「責任ある広告」を考える(パートⅠ: データ)

5月に東京で開かれたグローバルマーケターウィークで、Campaignは世界有数の消費財メーカー幹部たちに「広告主はどうすればより良い企業市民になれるか」を問うた。3回シリーズでお送りする第1回は、「データ活用の責任」をテーマに取り上げる。

Premium
カンヌライオンズ受賞作を予想する
Premium
2018年5月31日

カンヌライオンズ受賞作を予想する

来月に迫ったカンヌライオンズ2018。Campaignでは、アジアのクリエイティブリーダーたちに受賞作品を予想してもらった。対象としたのは、自社の作品以外のものだ。

Premium
ピュブリシスのAI「マルセル」は、いかに誕生したか
Premium
2018年5月29日

ピュブリシスのAI「マルセル」は、いかに誕生したか

ピュブリシスグループは5月24日、AI(人工知能)を用いたプラットフォーム「マルセル(Marcel)」をついに発表した。

Premium
ofo、日本のブランド戦略
Premium
2018年5月24日

ofo、日本のブランド戦略

日本の慎重な消費者へのアプローチ、ライバル社との差別化 −− 中国自転車シェアリング大手ofo(オフォ)のマーケティングディレクターと日本統括責任者が、その構想を語った。

Premium
Campaignが見た「アドバタイジングウィーク・アジア2018」(パート4)
Premium
2018年5月24日

Campaignが見た「アドバタイジングウィーク・アジア2018」(パート4)

「アドバタイジングウィーク・アジア2018」は5月14日から4日間に渡って、東京ミッドタウン(六本木)で開催された。そのセッションの中から、ローカライゼーションの利点、クリエイティブがいかに日本市場で優れたアイデアを生み出すのか、そして統一された「日本ブランド」作戦がなぜ頓挫する可能性があるのかについて紹介する。

Premium
Campaignが見た「アドバタイジングウィーク・アジア2018」(パート1)
Premium
2018年5月18日

Campaignが見た「アドバタイジングウィーク・アジア2018」(パート1)

3年連続の都内での開催となった「アドバタイジングウィーク・アジア2018」。5月16日のセッションから、Campaignが注目したテーマをご紹介する。

Premium
安倍政権、危機管理力の欠如
Premium
2018年5月10日

安倍政権、危機管理力の欠如

時の政府は明らかに、「危機管理」の意味を理解していない。首相再任から5年半を迎えた安倍氏の先行きに、暗雲が漂う。

Premium
「内向き志向が広告業界の問題」 ヒューストン氏(グレイCEO)
Premium
2018年4月24日

「内向き志向が広告業界の問題」 ヒューストン氏(グレイCEO)

Campaignは都内で、グレイのマイケル・ヒューストン氏にインタビューを実施。マーティン・ソレル氏辞任後のWPPや、なぜ主要なクライアントが最近不満を唱えるようになったのか、これに応えて広告業界としてどうするべきなのか聞いた。

Premium
「時を超えた」ブランドのサバイバル
Premium
2018年4月12日

「時を超えた」ブランドのサバイバル

伝統を重んじる時計業界でもイノベーションは不可欠だ。明確な問題意識を持たないブランドの生き残りは、極めて難しいだろう。業界の今を見つめる。

Premium
広告代理店コンサルティングチームの「戦略性」
Premium
2018年4月06日

広告代理店コンサルティングチームの「戦略性」

博報堂に続き、電通もコンサルティングユニットを立ち上げた。大手広告代理店が取り組む新事業の将来性を、グローバルな視点で占う。

Premium
新社会人が見る、広告界の今
Premium
2018年3月29日

新社会人が見る、広告界の今

若者たちが新たなスタートを切るこの季節。広告界で仕事を始める新社会人たちは、業界のどこに魅力を感じ、何を期待しているのか。

Premium
エージェンシー・レポートカード2017 :ADK
Premium
2018年3月22日

エージェンシー・レポートカード2017 :ADK

昨年はベインキャピタルによる買収以外、特に大きな動向がなかったADK。変革を見据え、よりダイナミックな企業に生まれ変われるか。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る