リサーチ

2018年11月07日

文化の進化と、歩みをそろえていくには

ブランドにとって、広く使われているアーキタイプ(人々が無意識の中に持つ固有の要素)は、市場に訴求する上で近道となるため便利。だが、変化し続ける文化的記号やニュアンスを常に考えて、失策をおかすことなく、消費者とより深い関係を築くことが必要だ。

2018年6月01日

博報堂DYH、個人情報の安全な利活用を目指して新部署を設立

さまざまなデータホルダーが所有する個人情報を「非個人化」した上で統合し、より深い顧客理解を目指す。