David Blecken
2018年5月31日

テンセント、日本発ゲームのリローンチに日本の制作陣を起用

ゲームセンターで長らく親しまれてきた格闘ゲームを、「重力猫」の監督が現代風な世界観で描く。

テンセント(腾讯)は、同社が最近ライセンスを取得したゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)」のプロモーションを展開。携わったのは、このゲームの発祥地である日本の制作陣だ。

「不条理な現実(Absurd Reality)」と題されたショートフィルムに描かれるのは、制圧しようとする勢力に対して立ち上がる3人の姿。エージェンシーは上海に拠点を構えるGoodzillaで、監督は「重力猫」の作品で知られる柳沢翔氏。制作はdictionary films、ポストプロダクションはCutters Studioが手掛けた。撮影は全て日本で行われた。

KOFは1994年、SNK(大阪)がゲームセンターの格闘ゲームとして発表したもので、最新作は2016年に発表された。テンセントは最近、このゲームをモバイルゲームとして、全世界にむけて配信を開始している。

このショートフィルムのエグゼクティブプロデューサーを務めたピーター・グラス氏は「KOEは現代日本の文化財として重要な位置づけにある」と語る。(同氏はDictionary Filmsを最近退職して新会社を設立)

テンセントが「日本らしいものを中国で模造しようとしなかった」ことは称賛に値する、とグラス氏。テンセントとGoodzillaは基本的に、柳沢監督に制作を一任したという。なお撮影時は台風の真っ最中であり、肉体的に非常に過酷だったとのことだ。

Campaignの視点:
「ストリートファイター」や「鉄拳」と並ぶ名作としてゲームセンターで愛されてきたKOFにふさわしい、趣があって目を引く作品だ。アニメの世界のようにやや大げさで激しいアクションシーンも、現代風な解釈で描かれている。

アジアの誇りの源であり支持者も多いコンテンツの知的財産に、敬意を表することの重要性をテンセントはきちんと認識している。このショートフィルムは、高く評価されるディレクターと、付加価値の高さで知られる日本のプロダクションの力が結集した作品といえるだろう。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

15 時間前

今は体験を諦めるべき時ではない

オーディトリア(Auditoire)のアジア担当CEOは、「一時しのぎ」のデジタル体験は、リアルの体験のインパクトには到底かなわないと主張する。

2020年7月31日

自分らしさを隠すのを、やめる時機が到来した

我々は今、ダイバーシティを取り巻く議論の重大な局面に立っている。「隠すこと」を理解することは、前進のためのステップなのだ。

2020年7月31日

世界マーケティング短信:新型コロナウイルスで加速するオンライン化

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年7月29日

完全に没入できるタッチレス体験は可能か?

体験を提供する業界がとり得るCOVID-19適応策の一つが、接触の少ないイベントだ。