David Blecken
2017年10月19日

マッキャンのAI-CD、楽曲の無いミュージックビデオに挑む

ミュージックビデオの制作に、音からのインスピレーションは必要なかったようだ。

マッキャン・ワールドグループの人工知能クリエイティブディレクター(AI-CD)が、またもや動きを見せた。今回挑戦したのはなんと、楽曲の無いミュージックビデオだ。

AI-CDは、賞を獲得した過去のCMを構造分解してデータベース化し、成功に至った要因を解析する。人間によるクリエイティブディレクションをサポートすることを目指して開発された技術で、人間から仕事を奪おうというものではない。

今回のプロジェクトは、ポニーキャニオン所属のアイドルグループ「マジカル・パンチライン」の、新曲プロモーション映像の制作だ。だが、楽曲はまだ無い。そのため、楽曲から着想を得て映像を制作するのではなく、音楽系のテレビCMを分析して構想したというのが、通常の制作ステップと大きく異なる点だ。

分析の結果、AI-CDが導き出したのは、「狩猟本能を学園モチーフで、擬物化を使いアンニュイなトーンで、ドキッとする映像で伝えろ」というディレクションだった。

マッキャンによると、「人工知能による映像先行型の楽曲制作は世界初」とのこと。真否は不明だが、あえてこのような冒険をする人は、そういないだろう。似た例で思い浮かぶものといえば、電通が昨年制作したブライアン・イーノのミュージックビデオになるだろうか。

楽曲が無いため、ダンスやリップシンク(歌っているシーン)については工夫を要した。制作スタッフは、BPM(楽曲のテンポ)を135に設定し、ダンスを振付師に依頼。歌っているシーンについては、口元をやや隠して撮影した。

Campaignの視点:
まず浮かぶのは、「一体なぜ?」という疑問だろう。だが、面白くて興味をそそられる企画だ。特に、AI-CDの初作品が凡庸なものだったことを考えると、今回の作品はなかなかの仕上がりだ。楽曲が無くても、暗い雰囲気の演出することができている。

個人的には、高校生を用いた表現は飽和気味だと感じるが、過去の作品を分析するAI-CDが学園モチーフを選んだのは無理のない話だ。とはいえAI-CDに企画を任せる際には、黒いフードを被った人物で狩猟本能を表現するなどといった、他作品に酷似した演出にならないよう留意する必要があるだろう。過去の作品との関連性は残しつつ予想外の見せ方をするなど、うまくバランスをとることが、今後AI-CDを活用していく上で大切だ。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

5 分前

「40 Under 40 2020」:APACの明日を担う、若き日本の才能

アジア太平洋地域(APAC)のマーケティング及びメディア業界で目覚ましい活躍をした若手の逸材を、Campaign Asia-pacificが毎年選出する「40 Under 40」(40歳以下の40人)。今年は日本から2人が選ばれた。

9 分前

メールマーケティングを成功に導く8つのTips

メールは、最も強力なコミュニケーション手段の一つであることに変わりはない。顧客にメール送信を許可してもらえるのはきわめて得難い特権だ。ブランド構築やデジタルマーケティングを手がけるArchetypeのシニアデジタルコンサルタントが、その特権を有効活用するためのTipsを8つ紹介する。大切なのは、信頼を裏切らないことだ。

18 分前

デジタル広告測定が困難な理由

測定には欠陥があり、指標も断片化されているため、マーケターをミスリードする可能性がある。Quantcastの東南アジア担当マネージングディレクターは、さまざまなアプローチの長所と短所を比較検討し、バイアスを減らして、情報に基づく意思決定を行うよう助言している。

2020年11月20日

世界マーケティング短信:デジタル音声広告の可能性

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。