David Blecken
2018年9月07日

メリノウールブランド、合成素材だらけのディストピアから脱出を呼び掛ける

映画「未来世紀ブラジル」や「ブレードランナー」のように暗黒社会を舞台とした動画が、自然素材の良さを訴求する。

TBWAシドニーが制作したザ・ウールマーク・カンパニーの動画が、急増する合成繊維を批判。衣服や、我々が住むこの世界そのものが不自然になってきていると警鐘を鳴らす。

この作品が目指すのは、スポーツやアスレジャー(アスレチック+レジャー)のウェアとして豪州産メリノウールが用いられる様子を紹介し、その高い機能性を広く知らしめること。ターゲットとしているのは、上海、東京、ニューヨーク、サンフランシスコの消費者だ。若い消費者は高機能かつナチュラルな繊維を求めているのではないか、との考えに基づいている。

この動画が描くのは、羊すらもプラスチックの毛に包まれた人工物だらけのディストピア(暗黒社会)から逃げ出す、一人の女性。たどり着いたのは、もこもこと毛に覆われた羊たちが生息する、スモッグの無いきれいな自然だ。

TBWAの声明によると、世界の羊毛製の衣服のうち、9割が豪州産のものだという。

Campaignの視点:
メッセージと、映像の素晴らしい仕上がりは申し分ない。誰もが理解できるようメッセージを伝える、シンプルながら目を引くコンテンツだ。

自然素材や環境配慮を訴求して差別化を図る衣類・繊維ブランドが、今後もっと出てくることは合点がいく。もちろん、その品質が本物であれば、ではあるが。結局のところ、自然で高品質な生地は、誰もが好むものだ。

ただ、他のさまざまな環境配慮製品と同様、欲求と実際の行動にはギャップが生じる可能性も。一般的なアスレジャー製品の消費者たちが、より高いお金を払ってでも買おうと思うか、というのが素朴な疑問だ。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

7 時間前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

2 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。