Ryoko Tasaki
2022年1月28日

春節のCM、テーマは子どもたちが始めた清掃活動

春節(旧正月)が近づくと中華圏を中心に増えるのは、家族の絆をテーマとした心温まるCMだ。だがマレーシアのRHB銀行がこのたび公開したのは、そういった典型的な表現とは一線を画すCMだった。

ごみが溢れる村で人々はごみを投げ捨てることをためらわない。一人の行動が、次々と連鎖していく。 

この状況に心を痛めた少年は、「もし僕たちが村をきれいに掃除し始めれば、他の人たちもそれに続くのでは?」と父親に問う。一人の力では解決できないと考えた父親は、「まずは帰って、家を(春節用に)飾ろう」と促す。 

だが少年は友人たちに呼びかけて一緒にごみを拾い、それが大きな輪に広がっていく。「世界を変えることがどれほど難しいか、子どもたちには理解することが難しい。そしてそれを嬉しく思います」と父親は語る。一人の善い行いが皆に広がっていくことを実感でき、「世界に大きな変化をもたらす方法を、私たちは彼らからたくさん学ぶことができます」。 

背景には、春節のために飾られた赤いランタンが映り込む。制作に携わったFCBマレーシアのアソシエイト・クリエイティブ・ディレクター、ジェームス・ブーン氏によると、ESG(環境・社会・ガバナンス)への企業姿勢と春節らしさの「微妙なバランス」をとることに苦労したという。「RHB銀行の春節のCMはこれまでヒューマンドラマを題材とし、それが人気を博してきました。このことを見失うことなく、深刻な環境問題にスポットを当てる方法を見つけるのに、いくつもの夜を過ごしました」。

このCMは実話に基づいており、清掃活動を始めた10名の子どもたちの写真が最後に登場する。

(文:田崎亮子)

 

 

 

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:日本の総広告費が過去最高を更新

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2024年2月28日

「ハイリスク・ハイリターン」のWhatsApp

パーソナライズ化が重視される時代、マーケターは世界で最も人気が高いコミュニケーションチャネルの1つを見逃していないだろうか。

2024年2月27日

スポティファイ、社内に音楽コンサルティング事業「Aux」を設立

オークスは、キャンペーンでの音楽の使い方やアーティストとのペアリングについて、ブランドを支援していく。

2024年2月27日

クリエイターがDOOHを選ぶ理由は「ストーリーテリング」と「測定可能性」

3Dサイネージからラスベガスの「スフィア」まで、デジタルOOHの進化に伴い、ブランドは消費者の関心を引こうと新たなチャンスを見出している。