David Blecken
2017年4月03日

DAZN、Jリーグ開幕に合わせてファン目線の動画をリリース

お気に入りのチームを応援するファンのドラマを、スポーツコンテンツ配信会社が描き出した。

昨年の夏に日本へ進出したスポーツコンテンツのストリーミングサービスDAZN(ダ・ゾーン)は、Jリーグのシーズン開幕に合わせたキャンペーンを実施した。

「FOR YOU ~J.LEAGUEを、共に高みへ。~」と銘打った作品には、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンが携わっている。その中心的なコンテンツはファンが主役の60秒動画で、DAZNの原点は「ファンのために生まれた」サービスであるということを強く打ち出している。J1、J2、J3の全試合が視聴可能になるのは、今回が初めてのことだ。

動画には、浦和レッズ、FC東京、柏レイソル、横浜F・マリノス、大宮アルディージャの選手が出演している。

DAZNを提供するのは、英国のスポーツマーケティング大手「パフォーム・グループ」。日本をアジア進出の第一歩と定め、Jリーグの放映権を2017年より10年間、約2100億円で獲得している。

Campaignの視点:
プロサッカー競技に熱狂する雰囲気をうまく捉えた、完成度の高い動画だ。コンセプトは率直で、特段クリエイティブだとは言えないが、熱心なサッカーファンからにわかファンまで幅広く訴求するだろう。DAZNが単なるテレビ放送にとどまらないサービスであることを、なじみのない視聴者に明確にアピールするために、もっとモバイルデバイスでの視聴に力点を置いても良かったかもしれない。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:鎌田文子 編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:もはや無視できない企業リスク

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

BBCワールドニュースの今、そして未来

コロナ禍のニュース制作、フェイクニュースへの対応、国家による情報操作、そして24時間ニュースの将来 −− BBC国際ニュースチャンネルの責任者が語る。

2 日前

Clubhouseで効果測定を最大限に活用するには

現状のClubhouseは確かに指標不足だが、ROIは測定可能だ。ブランドは参入を検討する価値がある。

2 日前

AIは、なぜ差別を生むのか?

業界でAI(人工知能)の採用が増えている今、改めてAIにおけるジェンダーバイアスの検証が求められている。