David Blecken
2017年4月03日

DAZN、Jリーグ開幕に合わせてファン目線の動画をリリース

お気に入りのチームを応援するファンのドラマを、スポーツコンテンツ配信会社が描き出した。

昨年の夏に日本へ進出したスポーツコンテンツのストリーミングサービスDAZN(ダ・ゾーン)は、Jリーグのシーズン開幕に合わせたキャンペーンを実施した。

「FOR YOU ~J.LEAGUEを、共に高みへ。~」と銘打った作品には、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンが携わっている。その中心的なコンテンツはファンが主役の60秒動画で、DAZNの原点は「ファンのために生まれた」サービスであるということを強く打ち出している。J1、J2、J3の全試合が視聴可能になるのは、今回が初めてのことだ。

動画には、浦和レッズ、FC東京、柏レイソル、横浜F・マリノス、大宮アルディージャの選手が出演している。

DAZNを提供するのは、英国のスポーツマーケティング大手「パフォーム・グループ」。日本をアジア進出の第一歩と定め、Jリーグの放映権を2017年より10年間、約2100億円で獲得している。

Campaignの視点:
プロサッカー競技に熱狂する雰囲気をうまく捉えた、完成度の高い動画だ。コンセプトは率直で、特段クリエイティブだとは言えないが、熱心なサッカーファンからにわかファンまで幅広く訴求するだろう。DAZNが単なるテレビ放送にとどまらないサービスであることを、なじみのない視聴者に明確にアピールするために、もっとモバイルデバイスでの視聴に力点を置いても良かったかもしれない。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:鎌田文子 編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

19 時間前

電通、ネットゼロへの野心的取り組み

今から1年前、温室効果ガス排出量を2030年までに46%削減すると発表した電通インターナショナル。その歩みは順調だ。

2021年10月22日

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年10月22日

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2021年10月22日

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。