Orianna Rosa Royle
2020年1月30日

アマゾンのブランド価値、2千億ドル超

世界で最も価値あるブランドとされたアマゾン。その評価額も記録的だ。

アマゾンの創業者、ジェフ・べゾフCEO
アマゾンの創業者、ジェフ・べゾフCEO

英・ブランドファイナンス社が発表した2020年のブランド価値ランキング「グローバル500」でアマゾンが史上初めて2千億米ドルを突破、1位に輝いた。

同社のブランド価値は昨年より17.5%増の2208億ドル。3年連続で世界一価値が高いブランドとなった。

ランキングのトップ5を占めたのはいずれもテクノロジーブランド。グーグルは11.5%増の1597億ドルで、アップルを抜いて2位に。それでもアマゾンとは600億ドル以上の差があった。

一方、3位に落ちたアップルは8.5%減の1405億ドルだった。

4位となったマイクロソフトは2.1%減の1171億ドル、サムスンは3.5%増の945億ドルだった。

英国勢で最も上位にランクされたのは世界4大会計事務所の一角を占めるアーンスト・アンド・ヤング(Ernst & Young)。順位は昨年より1ポイント上がって66位、ブランド価値は2.1%増の237億ドルだった。また、英・オランダ両国に属するロイヤル・ダッチ・シェルはオランダ企業として分類され、昨年より12.3%増の475億ドル、23位だった。

グローバル500のトップ10ブランド


「アマゾンは小売業界のエコシステムに破壊的改革をもたらし、過去最高のブランド価値を生み出した。消費者が永遠に求め続ける価値、利便性、選択肢といった要素で、依然大きな影響力を持ち続けています」(ブランドファイナンス、デビッド・ヘイCEO)。

「今のアマゾンは盤石に見えますが、これからの『ローリング20’s』が何をもたらすのか、非常に興味深い」(同)

小売からクラウドコンピューティング、AI、デジタルストリーミングまで手を広げて成功を収めたアマゾン。それとは好対照なのが、234位にランクされたオンラインマーケットプレイスのeBay(イーベイ)だ。ブランド価値は急落を続け、昨年より9%減の82億ドルだった。

トップ10には主要テクノロジーブランド2社も名を連ねた。7位のフェイスブックと10位のファーウェイだ。

ランキングにはブランドのマーケティングへの投資力、消費者の親近感やロイヤルティ、従業員の満足度、CEOの影響力を換算したコーポレイトレピュテーションなどが考慮されている。

(文:オリアナ・ローズ・ロイル 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign UK
タグ

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

日本のマッキャン・ワールドグループに新CEO

新たなCEOに就くのはジー・ワトソン氏。これまでの役職も引き続き兼務する。

3 日前

世界マーケティング短信:プラットフォーム大手の増収、広告が牽引

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

コカ・コーラ、マーケティング投資を対前年比で倍増

飲料大手のコカ・コーラでは、2020年に大きく削減したマーケティング投資が順調に回復してきている。投下した費用に対する質の向上とターゲティング重視の方針により、東京オリンピックでのプロモーション計画は縮小されたが、顧客へのダイレクト販売(D2C)は成長が続いている。

3 日前

VISA、7年ぶりのブランド刷新は何を意味するのか

ワイデンアンドケネディが手がけた新たなアイデンティティ「Meet VISA」は、クレジットカードから出発したVISAブランドの進化を示し、より広範な金融サービスプラットフォームとしての地位を目指す同社の姿勢を伝えている。