Campaign staff
2018年12月06日

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2018、結果発表

Campaign Asia-Pacificが主催するアワード「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」の授賞式が12月6日、都内で開催された。

TBWA HAKUHODO
TBWA HAKUHODO

オグルヴィが、長年トップに君臨してきたTBWA HAKUHODOからその地位を奪ったのは、ちょうど1年前のこと。だが今年はTBWA HAKUHODOやマッキャンヘルスが首位を奪回。エデルマンやワイデン+ケネディなども快挙を遂げた。

Campaignが選出した日本と韓国のブランドマーケターたちが、両市場のエージェンシーからのエントリーを厳正に審査。以下に、日本の受賞企業・受賞者を記す。

Agencyカテゴリー

Creative Agency of the Year

  • 金賞:TBWA HAKUHODO
  • 銀賞:オグルヴィ
  • 銅賞:ジェイ・ウォルター・トンプソン

Digital Agency of the Year

  • 金賞:TBWA HAKUHODO Digital Collective
  • 銀賞:アクセンチュアインタラクティブ
  • 銅賞:オグルヴィ

Media Agency of the Year

  • 金賞:メディアコム
  • 銀賞:UM
  • 銅賞:マインドシェア

Best Culture

  • 金賞:オグルヴィ
  • 銀賞:アクセンチュアインタラクティブ
  • 銅賞:TBWA HAKUHODO

Experiential Marketing Agency of the Year

  • 金賞:アイプロスペクト

Independent Agency of the Year

  • 金賞:ワイデン+ケネディ東京
  • 銅賞:relativ

Integrated Marketing Agency of the Year

  • 金賞:アイプロスペクト

PR Agency of the Year

  • 金賞:エデルマン

Specialist Agency of the Year

  • 金賞:マッキャンヘルスケアワールドワイドジャパン
  • 銀賞:オムニコム・ヘルス・グループ・アジア・パシフィック

Peopleカテゴリー

Account Person of the Year

  • 稲積真介(TBWA HAKUHODO)
  • 次点:坂本佳子(アクセンチュアインタラクティブ)

Agency Head of the Year

  • 井木クリストファー啓介(TBWA HAKUHODO)
  • 次点:ジャック・ミックル(オグルヴィ)

Channel/Engagement Planner of the Year

  • セキヤトシヒロ(TBWA HAKUHODO)
  • 次点:栗原隆弘(アイ・エム・ジェイ)

Creative Person of the Year

  • 細田高広(TBWA HAKUHODO)
  • 次点:リカルド・アドルフォ(オグルヴィ)

New Business Development Team of the Year

  • ジェイ・ウォルター・トンプソン ブランド&イノベーションチーム

Strategic/Brand Planner of the Year

  • 川勝敬太(TBWA HAKUHODO)
  • 次点:後藤仁和(アイ・エム・ジェイ)

Talent Management Person/Team of the Year

  • 田中俊輔(アクセンチュアインタラクティブ)
  • 次点:TBWA HAKUHODO HRチーム

Young Achiever of the Year

  • 春日井智子(TBWA HAKUHODO)
  • 次点:中沢渉(モメンタム・ワールドワイド)
提供:
Campaign Japan

併せて読みたい

1 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

3 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。