Campaign Asia-Pacific
2018年3月20日

エージェンシー・レポートカード2017:日本の大手広告代理店の評価

電通、博報堂、そしてADKは昨年、国内やアジア太平洋地域においてどのような実績を残したのか。総合的な評価を行う。

エージェンシー・レポートカード2017:日本の大手広告代理店の評価

過去15年にわたり、Campaignはアジア太平洋地域の主要な広告代理店を査定してきた。今年対象となったのは電通、博報堂、ADKを含む計43社。以下が、これら3社の成績表だ。

電通

博報堂

ADK

他の代理店の成績表はこちらから(有料、英語のみ)。

日本のトップ3に関しては、国内とアジア太平洋地域でどのような業績を上げたかを考慮。評価には4つの基準を用いた。

  1.  ビジネスの業績:Campaignが編纂する「R3’s New Business League」と各代理店の発表に基づき、2017年における全取引の「質」を査定
  2.  イノベーションと戦略性:社員やクライアント、業界に対してどのような点が改善され、企業としてどのように進歩したかという視点から、アジア市場でのイノベーションと戦略性の質を評価
  3.  作品と広告賞:制作したキャンペーンのインパクトと効果を質の面から査定。アジア及び世界における広告賞での評価を、主要な賞を重視しつつ考慮
  4. 人材:多様性を重んじつつ、高い能力を持った社員を確保し、そして伸ばす努力をどのように実践しているか、リーダーシップ力の質を評価

評点

A     比類なき素晴しさ
Aマイナス   極めて優れている
Bプラス  優れている 
B     非常に良い 
Bマイナス 良い
Cプラス  平均的
C     まあまあ
Cマイナス 一応の基準はクリア
Dプラス  努力が必要
D     不十分
Dマイナス かなり苦戦
F      落第点

(文:Campaign Asia-Pacific 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

広告は物を売ることもできるが、世界を救うこともできる

スターコム(Starcom)でアカウントディレクターを務めるワンジュ・リー氏は、広告業界が「物を売ること」と「社会貢献活動」を両立できると考える理由を説明する。

3 日前

ガイ・カワサキからマーケターへ「パンデミックを生き抜くための10のポイント」

ブランドエバンジェリストのガイ・カワサキ氏が、持続性の向上から低調な事業・製品の廃止まで、ブランドが長引くパンデミックを生き抜くための助言を授ける。

3 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、今年もオンラインのみ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

エージェンシー社員のメンタルヘルスを守れ

英コンサルティング会社の調査で、ピッチ(競合の企画提案)による重圧がエージェンシー社員を苦しめていることがわかった。