Tomo Murakami
2019年6月13日

カンヌライオンズ 2019受賞予測:村上智一(ウルトラスーパーニュー)

今年のカンヌライオンズ ではどのような作品が受賞を果たすのか。業界のオブザーバーが予測する。

村上智一氏
村上智一氏

今月開催される、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル。Campaignは複数のオブザーバーに、今年のカンヌで高い評価を受けるであろう日本及びアジア太平洋地域の作品を選んでもらった(自社制作のものは除く)。今回はウルトラスーパーニューの村上智一・代表取締役が選んだ作品をご紹介する。

1. ネットフリックス・タイ 「Narcos The censor’s Cut」

コロンビアの麻薬組織を描くドラマ「ナルコス(Narcos)」の屋外広告。タイは広告の検閲があり、表現が厳しく規制される。自由に表現ができないのなら、内容を巧みに示唆する手法を見出すべし。規制を逆手に取り、それを超越するような表現は決して簡単ではない。だが、この作品はドラマのテイストを殺さず、非常にスマートに仕上げられている。これ以上の説明は不要だろう。

2. 資生堂 「The Party Bus」

2018年10月14日の発表から784万3329回のビューを記録。昨今の世界的テーマであるLGBTを包含した資生堂の大胆な動画は映像が美しく、最後まで見る者を飽きさせない。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

23 時間前

世界マーケティング短信: クリエイティビティに寄せられる、難局打開への期待

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

電通・アンドレー氏、段階的に復帰

休職していた電通グループのティム・アンドレー氏が、まず取締役として職務に復帰した。

2 日前

新型コロナ 各国で政府に不信感

マッキャン・ワールドグループが実施した世界的規模の調査から、7割の人々が自国政府の対応に不満を抱いていることが分かった。

2 日前

エージェンシー・レポートカード2019

主要エージェンシーのアジア太平洋地域における活動を毎年総合的に評価する、Campaign Asia-Pacificの「エージェンシー・レポートカード(ARC)」。ビジネス成長やイノベーション、クリエイティブなどの観点から、2019年度は各社にどのような評価が下されたのか。