Tomo Murakami
2019年6月13日

カンヌライオンズ 2019受賞予測:村上智一(ウルトラスーパーニュー)

今年のカンヌライオンズ ではどのような作品が受賞を果たすのか。業界のオブザーバーが予測する。

村上智一氏
村上智一氏

今月開催される、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル。Campaignは複数のオブザーバーに、今年のカンヌで高い評価を受けるであろう日本及びアジア太平洋地域の作品を選んでもらった(自社制作のものは除く)。今回はウルトラスーパーニューの村上智一・代表取締役が選んだ作品をご紹介する。

1. ネットフリックス・タイ 「Narcos The censor’s Cut」

コロンビアの麻薬組織を描くドラマ「ナルコス(Narcos)」の屋外広告。タイは広告の検閲があり、表現が厳しく規制される。自由に表現ができないのなら、内容を巧みに示唆する手法を見出すべし。規制を逆手に取り、それを超越するような表現は決して簡単ではない。だが、この作品はドラマのテイストを殺さず、非常にスマートに仕上げられている。これ以上の説明は不要だろう。

2. 資生堂 「The Party Bus」

2018年10月14日の発表から784万3329回のビューを記録。昨今の世界的テーマであるLGBTを包含した資生堂の大胆な動画は映像が美しく、最後まで見る者を飽きさせない。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2 日前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

4 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。