Ryoko Tasaki
2018年6月28日

カンヌライオンズ2018:日本勢の受賞作品

カンヌライオンズのデザイン部門で、日本の作品が健闘。

カンヌライオンズ2018:日本勢の受賞作品

最大規模の広告賞「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」が、6月17~24日に開催された。受賞作品1186点のうち、受賞数が最も多かったのが米国(332点)で、英国(110点)、ブラジル(101点)、フランス(70点)が続く。日本の作品は21点受賞しており、この受賞点数はアルゼンチン、インド、イタリア、南アフリカ、タイと並ぶ。

今年は日本勢によるグランプリ受賞は無く、ゴールド・シルバー・ブロンズで目立ったのは電通による作品の受賞だ。日本はデザイン部門での受賞が最も多く、ゴールドを獲得した全7点の作品のうち日本のものは1点、シルバーは25点中3点、ブロンズは37点中4点であった。プリント&パブリッシング部門の受賞がいずれも地方の新聞社であることも興味深い。先端技術を駆使した作品が多いのも、日本の受賞作品の特徴といえるだろう。

【クリエイティブデータ部門】
ブロンズ

  • ソニーミュージック/Crossfaith「Make It Metal」(オグルヴィ・ジャパン)

【デザイン部門】
ゴールド、シルバー

  • Double A/OK Go「Obsession」(AOI Pro.、SIX、SPA-HAKUHODO)

シルバー

ブロンズ

  • オルファ/カッター「THE ART OF CUTOUTS」(電通)
  • グッドモーニングス/サードペイジ(3rd_PAGE)「ONLY FOR AESTHETIC EYES」(電通)
  • 日本放送協会/NHKニュース・防災アプリ「つくってまもろう」(TBWA HAKUHODO)
  • NTTドコモ/5Gモバイルネットワーク技術「FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 距離をなくせ。」(電通)

【フィルム部門】
シルバー

  • UHA味覚糖/さけるグミ「デート」篇(博報堂、東北新社)

【フィルムクラフト部門】
ブロンズ

  • Double A/OK Go「Obsession」(AOI Pro.、SIX、SPA-HAKUHODO)

【インダストリークラフト部門】
シルバー

ブロンズ

  • 北國新聞社/第101回高等学校相撲金沢大会「八十二手」(電通)

【メディア部門】
ブロンズ

  • 神戸新聞社/避難所もっとより良く非常袋「並べる防災」(電通)

【モバイル部門】
シルバー

【PR部門】
シルバー

  • AIGジャパン/CSR「Pride Jersey」(TBWA HAKUHODO)

ブロンズ

【プリント&パブリッシング部門】
シルバー

  • 北國新聞社/第101回高等学校相撲金沢大会「相撲ガールズ」(電通)

ブロンズ

  • 神戸新聞社/避難所もっとより良く非常袋「並べる防災」(電通)

【プロダクトデザイン部門】
シルバー

  • AIGジャパン/CSR「Pride Jersey」(TBWA HAKUHODO)


(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

7 時間前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

2 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。