Lindsay Stein
2019年10月30日

カンヌライオンズ2020、新たなテーマとカテゴリーを発表

来年のフェスティバルでは「クリエイティブ・ビジネス・トランスフォーメーション」部門が新設され、PR部門も見直される。

カンヌライオンズ2020、新たなテーマとカテゴリーを発表

この数年の広告業界で最も話題をさらったのが、デジタル革新であることは言うまでもない。来年のカンヌライオンズではこの流れに合わせ、クリエイティブ・ビジネス・トランスフォーメーション部門が新設される。

「広告業界の実情を反映するよう、我々は引き続き賞の内容を充実させていきます。新設するクリエイティブ・ビジネス・トランスフォーメーション部門では、ビジネス変革を実現したクリエイティビティーの評価を行います」。賞の責任者を務めるスージー・ウォーカー氏はこのような声明を発表した。

「コンサルティングやエクスペリエンスデザイン、クリエイティブイノベーション、テクノロジー、そしてデジタル変革などを担うインハウスやエージェンシーのチームからの応募作品を期待しています。今やブランドは、カスタマーエクスペリエンスなしでは成り立たない。世界の様々な地域の様々な分野で、有意義なカスタマーエクスペリエンスの創出がますます重視されています」。

クリエイティブ・ビジネス・イノベーション賞の新設に加え、2020年のコンテンツテーマも発表された。「クリエイティビティーこそビジネス成長のエンジン」「コマースにおけるクリエイティブ革命」「ポスト・パーパス(“目的”の後に来るもの)」「ブランドの説明責任と積極的行動」「ブランドこそ我がエクスペリエンス」「2030年を見据えて」「未来にフィットさせるビジネス」「クリエイティビティーの応用」「データとテック、アイデアの衝突」「大きなスケールでのストーリーテリング」「ブランドに回帰しよう」などなどだ。

カンヌライオンズは1500人に及ぶ顧客から得たインサイトと、企業のCEOやCMO、CCO(チーフ・カスタマー・オフィサー)、ストラテジストなどとの徹底的な面接調査に基づいてこれらのテーマを選出した。

また、PR部門も審査基準を刷新。コミュニケーション業界の現状とPRの専門家が直面する課題をより反映するよう見直された。

(文:リンゼイ・スタイン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign US

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

3 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。