Lindsay Stein
2019年10月30日

カンヌライオンズ2020、新たなテーマとカテゴリーを発表

来年のフェスティバルでは「クリエイティブ・ビジネス・トランスフォーメーション」部門が新設され、PR部門も見直される。

カンヌライオンズ2020、新たなテーマとカテゴリーを発表

この数年の広告業界で最も話題をさらったのが、デジタル革新であることは言うまでもない。来年のカンヌライオンズではこの流れに合わせ、クリエイティブ・ビジネス・トランスフォーメーション部門が新設される。

「広告業界の実情を反映するよう、我々は引き続き賞の内容を充実させていきます。新設するクリエイティブ・ビジネス・トランスフォーメーション部門では、ビジネス変革を実現したクリエイティビティーの評価を行います」。賞の責任者を務めるスージー・ウォーカー氏はこのような声明を発表した。

「コンサルティングやエクスペリエンスデザイン、クリエイティブイノベーション、テクノロジー、そしてデジタル変革などを担うインハウスやエージェンシーのチームからの応募作品を期待しています。今やブランドは、カスタマーエクスペリエンスなしでは成り立たない。世界の様々な地域の様々な分野で、有意義なカスタマーエクスペリエンスの創出がますます重視されています」。

クリエイティブ・ビジネス・イノベーション賞の新設に加え、2020年のコンテンツテーマも発表された。「クリエイティビティーこそビジネス成長のエンジン」「コマースにおけるクリエイティブ革命」「ポスト・パーパス(“目的”の後に来るもの)」「ブランドの説明責任と積極的行動」「ブランドこそ我がエクスペリエンス」「2030年を見据えて」「未来にフィットさせるビジネス」「クリエイティビティーの応用」「データとテック、アイデアの衝突」「大きなスケールでのストーリーテリング」「ブランドに回帰しよう」などなどだ。

カンヌライオンズは1500人に及ぶ顧客から得たインサイトと、企業のCEOやCMO、CCO(チーフ・カスタマー・オフィサー)、ストラテジストなどとの徹底的な面接調査に基づいてこれらのテーマを選出した。

また、PR部門も審査基準を刷新。コミュニケーション業界の現状とPRの専門家が直面する課題をより反映するよう見直された。

(文:リンゼイ・スタイン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign US

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

「ようこそ東京へ」 マイクロソフトの五輪期間キャンペーン

迷走に次ぐ迷走の末、とうとう開幕した東京五輪。この夏、日本への旅を楽しみにしていた海外の人々は推定100万人。そうした人々に向け、米国ではマイクロソフトが五輪期間限定のキャンペーンを開始した。

2021年7月23日

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月22日

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

2021年7月22日

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。