Staff Reporters
2020年12月03日

チェイルとTBWA系が快挙 エージェンシーオブ・ザ・イヤー2020

TBWA HAKUHODOならびにTBWA Koreaは合計11の賞を、チェイル・ワールドワイドは最も多くの金賞を獲得した。

左上から時計回りに:TBWA HAKUHODO、チェイル・ワールドワイド、UM Korea、アクセンチュア インタラクティブ
左上から時計回りに:TBWA HAKUHODO、チェイル・ワールドワイド、UM Korea、アクセンチュア インタラクティブ

Campaign Asia-Pacific主催「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2020」の日本/韓国地域の結果が、26日に発表された。TBWA系のエージェンシーが、エージェンシー部門で7つ、個人/チーム部門で4つの賞を獲得した。

TBWA HAKUHODOは昨年、一昨年に引き続き、今年もCreative Agency of the Year金賞を受賞。エージェンシー・オブ・ザ・イヤーの8年間の歴史の中で、同社が金賞を逃したのは2017年(銀賞)の一度のみ。企画から実施までの過程でもたらした「真のディスラプション」の価値に、今年の審査員は感銘を受けていた。

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2020 ウェブサイトはこちらから

日本/韓国地域の受賞者一覧はこちらから

同社は他にも、Best Culture賞とMarketer Partnership of the Year賞(日産と共同受賞)で金賞を受賞している。

韓国ではTBWA Koreaがエージェンシー部門で4つの賞を獲得したが、惜しくも金賞は逃した。過去3年間にわたりトップに君臨し続けたCreative Agency of the Year賞の首位を、チェイル・ワールドワイドに明け渡した。

チェイルは5つの部門で金賞という快挙を成し遂げた。素晴らしい作品はもちろんのこと、クライアントと築いた関係を長期間にわたり維持する能力が同社の強みであると、審査員は高く評価した。

Creative Agency of the Year銀賞を獲得したのは、グレイ(日本)とDDBグループ(韓国)であった。

注目すべきは、アクセンチュア インタラクティブの快挙だ。Digital Agency of the Year金賞とConsultancy of the Year金賞、Best Culture銀賞を獲得した他、個人/チーム部門で3名が選ばれた。

Media Agency of the Year賞の首位の座を守ったのはUMで、日本では銀賞(金賞は該当なし)、韓国では金賞を獲得した。

PR Agency of the Year賞の昨年の金賞(日本/韓国)はPR One、銀賞はサニーサイドアップだったが、今年はサニーサイドアップ(日本)とSynergy Hill + Knowlton Korea(韓国)がそれぞれトップに。一方、Independent Agency of the Year賞の昨年の金賞はサニーサイドアップだったが、今年はPR Oneであった。

今年もSpecialist Agency of the Year金賞に輝いたのは、マッキャンヘルス。Programmatic Agency of the Year金賞を受賞したのは、アイプロスペクト・ジャパンであった。

左上から時計回りに:小町洋子氏、浅井雅也氏、井木クリストファー啓介氏、Patrycja Sojka氏


昨年Social Media Agency of the Year銀賞だった電通アイソバーは、今年金賞を獲得した。同社は他にもBranded Experience Agency of the Year銀賞、Creative Agency of the Year銅賞、Creative Agency of the Year銅賞を受賞した。

個人/チーム部門は日本の2社によって占められた。TBWA HAKUHODOからは4名、アクセンチュア インタラクティブからは2名と1チームが選ばれた。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

16 時間前

社会的不平等やダイバーシティーに取り組む、ユニリーバの計画

社会的な分断の拡大に対処するには、協働しながらアクションをとる必要がある。そしてこのアクションが「ユニリーバをより良く、より強い企業にする」とアラン・ジョープCEOは述べる。

2 日前

ミツカン、「日本人の長寿」でOSUをアピール

アップルサイダービネガー(リンゴ酢)ブランド「OSU」を英国で展開するミツカン。ソーシャルメディア用の新たなキャンペーンに、日本人の超高齢者を起用した。

2021年1月22日

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ2021 、ネットフリックスとウィーチャットの躍進

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年1月22日

2021年は、顧客の体験を軸にビジネス全体を再構築する「BX元年」

局所的な改善だけで大きな成果を得ることが難しくなった今、企業に必要なのは顧客体験を基軸とした企業活動全般の設計だと、アクセンチュアの黒川順一郎氏は語る。