Charles Wigley
2018年12月03日

「ノー」の持つ力

必要な場合には拒否するということを、エージェンシーは頭の隅に置いておくとよい。きっと良い影響がある。

「ノー」の持つ力

今年も業界内では、例年と同様の不平不満が噴出していた。調達部門はクリエイティビティーを、まるで部品のように調達しようとするし、それもできれば無料であることを期待したりする。クライアントが求めてくる競合プレゼンは、ありえないスケジュールだったり、おびただしい数の広告会社が絡んでいたりする。「新しいアプローチを月曜日までに欲しい」と、金曜日に連絡してくる。クリエイティブブリーフが絶えず変更となるため、クリエイティブワークが幾度となく白紙に戻される。コンサルティング会社やプラットフォーム、ロボットは躍進し、われわれにとっての脅威は果てしなく増大していく。

これらの愚痴が示唆するのは、われわれは制御不能な境遇に置かれた、無力な被害者だということ。われわれを苦しめる力は途方もなく大きく、そして強烈だ。

もちろんこれらは、きわめてナンセンスな話だ。われわれは通常、それなりに管理可能で小規模な広告の世界に身を置く、権限を与えられたプレーヤーだ。われわれは、「イエス」と肯定しなくてはならない世界に生きているのではない。「ノー」と断ることもできるのだ。

もし「ノー」と言えば、数々のことが起こるはず。まず、自分自身について、明らかに良く思えるようになる。次に、周りの人があなたに対して、良く思うようになる。そしてここが一番大切なのだが、締め切り、対価、その他ありとあらゆるものが、以前よりも良い条件で提示されるようになるのだ。競合プレゼンをせずに、仕事を貰えることだってあるだろう。

なぜならあなたが、自分の提供する成果物に見合うだけの価値を守ろうと、立ち上がったためだ(価値ある成果物だとの仮定だが)。あらゆる所に赴き、何かを売るために必要な自信を、あなたが示したためだ。

もちろん、ここに書かれたような効果が見られないこともあるだろう。そのような場合は、そもそもその相手と仕事することをやめた方がいい。

(文:チャールズ・ウィグリー 翻訳・編集:田崎亮子)

チャールズ・ウィグリー氏は、BBHのアジア太平洋担当チェアマン。

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

海外プロダクションによる日本風アニメCM、映画祭で公開

シドニーで3月3日まで開催された日本映画祭で、ユニリーバのアイスクリームブランド「マグナム」が2本のアニメCMを公開した。

3 日前

世界マーケティング短信:広告の効率とプライバシー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

コロナ禍よる景気後退の中、消費財大手のマーケティング投資は増加

ユニリーバ、クラフト・ハインツ、モンデリーズ、RB、P&G、ディアジオは、2020年、いずれもマーケティング投資を増加させた。

4 日前

広告で動物を保護する意義とは:ライオンズシェア基金

Spikes Asia X Campaign:サステナビリティのための基金を立ち上げた人物は語る。動物は世界の広告の20%で使われている一方で危機に瀕してもいるとして、ブランドが責任を果たし動物の未来を守ることを望んでいると。