David Blecken
2018年4月03日

マレンロウ、新たなデータ部局を立ち上げ

データサイエンスを担うチームは、東京を拠点に顧客のデジタルトランスフォーメーションをサポートしていく。

ジョナサン・ハート、クリス・ロジャーズの両氏。
ジョナサン・ハート、クリス・ロジャーズの両氏。

マレンロウ・グループは、アジア太平洋地域の顧客に向けてデータサイエンスを提供する部局を東京オフィスに開設した。この「COE(Center of excellence = 中核的研究拠点)」はデータサービスを統合、ROI(投資利益率)測定にとどまらない包括的分析や、デジタルトランスフォーメーションのサポートを提供していく。

チームを率いるジョナサン・ハート氏の前任は、米広告代理店「GSD&M」の意志決定科学(decision sciences)担当バイスプレジデント。同社はウォールマートやサウスウエスト航空のブランディングで評価が高い。それ以前はアクセンチュア・アナリティクスに10年間勤務した。ハート氏をサポートするのはボーイング社でデータサイエンティストを務めていたクリス・ロジャーズ氏。更に2名の専属スタッフがいる。

このデータ部局はシドニーと中国・成都にあるCX(顧客エクスペリエンス)開発センターとも協働。個別のプロジェクトにも対応するが、マレンロウが地域で進める事業の一端を担っていくことが使命だ。

「代理店が提供するデータ分析はサイロ化し過ぎています。個々のキャンペーンの最適化に腐心するあまり、全体像が見渡せていない」とハート氏。そのせいで、「顧客の理解や顧客に適したブランド体験の設計ができていません」。

「広告界のアナリティクスソリューションは、根本的に他の業界のそれとは異なるのです。デジタルアナリティクスの影響は強く受けていますが、ダイレクトレスポンスマーケティングに根差している。ニューラルネットワーク(神経回路網)や人工知能(AI)の構成要素を基礎にしているのではなく、より算術的なものです」

マレンロウ・グループ・ジャパンのジェームス・ホローCEOは、「代理店は自らの分析能力を過大評価しています。通常作成するレポートのほとんどは自動化が可能」という。

「人力をデータ分析に必要以上に用いる必要はありません。その多くはコンピューターが処理できるのです。ですから、人間の頭脳はより高度な分野に活用すればいい。つまり、クリエイティブの部分です」

「クリエティビティーの定義は大きく進化した」というハート氏。データが時に不完全だったり、ある種の推測が必要だったりするため、「データサイエンスにおけるクリエティビティーの役割が今は認識されていない」。一方でホロー氏は、広告界以外のデータサイエンティストの見解が「代理店にとって有益」ともいう。ロジャーズ氏をボーイングから招聘したのも、「彼のスキルが1つの業界だけで活用されているのはもったいない」と考えたからだ。

「スキルの移動性は、広告界がもっと認識すべきトレンドです。『他業界の人々が広告界の文化やコンセプトを理解するのは難しい』と代理店は考えがちですが、彼らを巻き込み、様々な質問を引き出し、我々が使う基本的言語で答えることは有意義な経験でした。我々の文化に健全な効果をもたらしてくれます」

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:岡田藤郎 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

36 分前

カンヌライオンズ 2020は中止

カンヌライオンズ事務局は、10月開催予定だったカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルの中止を発表した。

2 日前

世界マーケティング短信: クリエイティビティに寄せられる、難局打開への期待

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

電通・アンドレー氏、段階的に復帰

休職していた電通グループのティム・アンドレー氏が、まず取締役として職務に復帰した。

4 日前

新型コロナ 各国で政府に不信感

マッキャン・ワールドグループが実施した世界的規模の調査から、7割の人々が自国政府の対応に不満を抱いていることが分かった。