David Blecken
2018年8月08日

ユナイテッド エンターテイメント グループ、アジア進出の拠点として日本支社設立

米国を拠点とするエージェンシーが、世界的な二大スポーツイベントを控える日本に進出する。

博報堂やレッドブルで経験を積んだ文原徹氏がマネージング・ディレクターに就任
博報堂やレッドブルで経験を積んだ文原徹氏がマネージング・ディレクターに就任

エデルマン傘下のマーケティングエージェンシー「ユナイテッド エンターテイメント グループ」(本社ニューヨーク、以下「UEG」)が日本法人を設立。アジア市場への進出を果たした。

同社が発表した声明によると、都内に設立したUEG東京オフィスは、アジア市場の中心拠点となる。UEGはエンターテインメント、スポーツ、ライフスタイル分野に特化しており、ラグビーワールドカップや2020年東京五輪の開催を控えて急成長する日本に進出したとのことだ。

日本ならびにアジアの事業を統括するのは、マネージング・ディレクターの文原徹氏。博報堂スポーツ事業局を経てレッドブル・ジャパンに転身、アスリートマネジメントを立ち上げた。2016年には、マーケティングコンサルティング会社を設立。MBLのスポンサーシップなど、約20年にわたるスポーツマネジメントの経験がある。

アジア全体のオペレーションは、ニューヨーク本社でグローバル インテーグレーテッド コミュニケーションのプレジデントを務めるマリー・スコット氏が監督する。

UEGは2007年に設立し、エデルマンが2014年に買収。両社は「さまざまな統合的な取り組み」のため緊密に連携していくとの声明を出していた。

UEGはこれまでアシックス、ノースフェイス、アドビ、シェル、スターバックスなどのブランドにサービスを提供してきた。オフィスは他にもロサンゼルス、ダラス、シカゴ、ロンドン、ハンブルクにある。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

Premium
メディアリンクCEO、2019年を占う
Premium
2 日前

メディアリンクCEO、2019年を占う

今はエージェンシーにとって不遇の時代だ。だが、まだ「この世の終わり」ではない。業界のキーマンは「今後より多くの統合や買収が行われる」と予測する。

Premium
ダイバーシティに逆行 2019年カンヌライオンズ審査委員長リスト
Premium
3 日前

ダイバーシティに逆行 2019年カンヌライオンズ審査委員長リスト

来年度のカンヌライオンズの審査委員長たちが発表された。27人のうち、24人が英米を拠点とする企業の人々だ。

Premium
キャリアを成功させる「パーソナルブランド」
Premium
4 日前

キャリアを成功させる「パーソナルブランド」

ソーシャルメディア上では時に、あらゆる人々が自分の売り込みに躍起になっているかのように見える。「過剰な売り込み」のイメージを与えず、パーソナルブランドを確立するにはどうしたらいいのか。そして、そこから得られる見返りとは。

Premium
TikTok人気、ブランドにとっての意義とは
Premium
2018年12月06日

TikTok人気、ブランドにとっての意義とは

若年層に支持される動画共有アプリTikTok(ティックトック)。目立ち過ぎず消費者から利を得たいブランドにとっては、見逃せないビジネスチャンスだろう。