Ryoko Tasaki
2021年7月30日

世界マーケティング短信:プラットフォーム大手の増収、広告が牽引

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

世界マーケティング短信:プラットフォーム大手の増収、広告が牽引

※記事内のリンクは、英語サイトも含みます。


グーグル、第2四半期の広告収入が500億米ドル超に

グーグルの親会社である米アルファベット社が、第2四半期の決算報告を発表した。同社全体の売上高は618.8億米ドル(前年同期比62%増)、そのうちグーグルの広告収入は504.4億米ドル(同69%増)、ユーチューブの広告収入は70.0億米ドル(同84%増)と、いずれも好調だった。

この期の急成長を牽引したのは「消費者のオンラインアクティビティーが増えたことと、広告費の広範囲にわたる強さ」にあると、グーグルならびにアルファベットのルース・ポラットCFOはコメントした。

 

ツイッターも広告が好調

ツイッター社の第2四半期も、総売上高11.9億米ドル(同74%増)の大部分を占める広告収益が10.5億米ドル(前年同期比87%増)と好調だった。平均アクティブユーザー数(mDAU)が前年同期比で11%増え、グローバルで2億600万人に到達。同社は第2四半期中に、年齢や地域に基づいたターゲティングを大幅に向上させており、現在は17.5万もの都市で利用可能だという。

 

フェイスブックも増収、だが今後は成長が減速の見込み

フェイスブック社の第2四半期の決算発表によると、総売上高は290.8億米ドル(前年同期比56%増)、そのうち広告収入は285.8億米ドル(同56%増)。この間、広告の平均単価も47%増えた。だが声明によると、第3~第4四半期の売上高の伸びは大幅減速する見込みだという。減速の要因として懸念しているのが、アップル社によるIDFA(広告識別子)の使用制限だ。

 

エニーマインド、Eコマース・D2C支援をサブスクで提供開始

エニーマインドグループ(AnyMind Group)は日本ならびにアジア各国向けに、企業のEコマースやD2C展開をサブスクリプション型の料金モデルで支援する新サービス「D2C for Enterprise」を提供開始する。アジア各国の生産工場のネットワークとのマッチングや、各国ローカルでのECモール運用、アプリ化やアクセス解析、物流の一括管理など、同グループのソフトウェアやサポートによる包括的な支援が受けられるというもの。

共同創業者兼代表取締役CEOの十河宏輔氏は声明で「近年始まったEコマースとD2Cへの移行は、COVID-19パンデミックによって加速しました。それと共に企業はビジネスモデル、所有するデータの活用方法、潜在顧客ならびに既存顧客へのアプローチ方法を再構築する必要があります」とコメントしている。

 

さんざん苦しめられたウイルスを挑発 ワクチン啓発動画

ニュージーランドは新型コロナウイルスの新規感染者数を低く抑えてきたが、ワクチン接種率は日本よりも低い。そんな同国の政府が、ワクチン接種を促すキャンペーンを実施中だ。制作はクレメンガーBBDOウェリントン。

動画内では、2020年から人々をさんざん苦しめてきたウイルスに対し、「我々は戦いに勝つ準備ができている」と挑発。ドアに手をかける男性は「これは自由へのメタフォリカルな(隠喩的な)扉だ」。そして実家への帰省や結婚式への参加、学校、ジム、スタジアム観戦、友人とのふれあいといったパンデミック前の日常に、ワクチン接種によって戻れることを示唆している。

 

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:リアルな情報で実像を描き出す

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

日本のトップブランド:上位陣、コロナ禍でも安泰

【アジアのトップ1000ブランド】日本ではトヨタが4年連続で首位の座を堅持し、トップ5は昨年と変わらず。一方、楽天や三菱、日産が大きく順位を上げた。

3 日前

広告における多様性はなぜ間違ったままなのか

広告キャンペーンで描かれる多様性は表面的で、その多くにはまだオーセンティシティー(真正性)が含まれていない。

3 日前

アプリに対する要求レベルの急上昇にどう対処すべきか

ここ1年半、消費者は、生活上のあらゆるニーズを満たすためアプリに殺到し、ユーザビリティの悪いデザインや動作には厳しい目を向けるようになってきた。アップダイナミクスのリージョナルCTOが、ユーザーにアプリを削除されないためのヒントを紹介する。