David Blecken
2017年11月17日

世界マーケティング短信: 中国テック企業の決算、ブロックチェーンメディア

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースを5本まとめてお届けする。

誰もがスマートスピーカーを好きなわけではない。
誰もがスマートスピーカーを好きなわけではない。

1. LINEの広告収入が激増

東京に本社を置くLINEは、第3四半期の連結業績でビジネスの核である広告収入が48%増、466億円に達したと発表した。「メッセンジャー広告」が大きく貢献したという。その一方、ゲームの低迷でコンテンツビジネスは300億円に減少。AIスピーカー「Clova(クローバ)」は今回の業績に含まれておらず、来年の同時期には収益の主力となっていることが予想される。

2.スマートスピーカーと言えば……

中国の大手テクノロジー企業バイドゥ(百度)が、「レイブンH(Raven H)」と名づけたスマートスピーカーを発表した。今や人間に限らず、その飼い犬まで自分のスマートスピーカーを持つようなご時世だが、それを発明した当の本人は気に入っていない。英国の科学者ティム・バーナーズ=リー氏はブルームバーグに対し、「こうしたデバイスは日和見主義者や国民を嗅ぎ回る政府に対して脆弱な人間を作ってしまった。我々はこのような危険が潜むテクノロジーを拒否しなければならない」と語った。

3.ウィーチャットの利用者、約10億人に

中国の更に巨大なテクノロジー企業テンセント(騰訊)は、広告収入が総収入の17%を占めたと発表した。第3四半期では61%増の約100億米ドルとなり、この7年で最も急速な成長を達成。ウィーチャット(Wechat、微信)の利用者は国内外で15.8%増え、9億8千万人となった。

4.ブロックチェーンの世界的メディアエージェンシーが誕生

今、最も重要な言葉は「ブロックチェーン」だろう。だがAI同様、その意味を本当に分かっている人々は極めて少ない。その反面、ひと握りの人々は他者よりはるかに先を行く。その証が、ロンドンとサンフランシスコ、シンガポール、シドニー、オークランドにオフィスを持つ新たなメディアエージェンシーの発足だ。更なる透明性と価値を求めるブランドにソリューションを提供し、「より公正なメディアサプライチェーンを促進する」ブロックチェーンに基づいたトレーディングデスクを運用していくという。もし本当にそれを実現できるのなら(「もし」にかなり力を入れてしまうが……)、この業界を刷新することも可能だろう。

5.米国で政治的シンボルとなるコーヒーマシン

Campaignではしばしば、ブランドが政治的・社会的立場を表明することの賛否について述べてきた。ここにまた、その一例を挙げる。ある意味ごく平凡なコーヒーマシンメーカーであるキューリグ(Keurig)が、セクハラ疑惑を受けている共和党上院議員候補ロイ・ムーア判事へのインタビューがあまりにも手緩いとして、FOXニュースから広告を撤退した。ムーア氏を支持する保守派は、キューリグのコーヒーマシンを叩き壊す動画を「#BoycottKeurig」とハッシュタグを付けて投稿。果たしてキューリグは正しいことをしたのだろうか。少なくとも、道徳的にそうであることは疑いの余地がない。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年9月17日

アフターコロナ 日本は消費意欲が旺盛

コロナ収束後は積極的に消費をしたい −− マッキャン・ワールドグループが実施する新型コロナウイルスに関するグローバルアンケート調査で、日本が最も消費活動に意欲的という結果が出た。

2020年9月16日

アジアのブランド、CSRキャンペーンに注力

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言してから半年。アジアのブランドがインフルエンサーを活用したCSR(企業の社会的責任)キャンペーンを大幅に増やしていることがわかった。

2020年9月16日

電通、トヨタと新会社を発足

目指すはマーケティング変革とモビリティビジネスの創造 −− 日本の巨大企業2社が手を組み、来年1月に新たな組織を立ち上げることになった。