Ryoko Tasaki
2018年5月08日

体内の「騒がしさ」を体感できるインスタレーション

SNS映えするインスタレーション会場で、人体の驚くべき事実を体験できる。

体内の「騒がしさ」を体感できるインスタレーション

脳からすべての指令が出され、それを受けて身体が動くのだと思われてきたが、実は「臓器同士がメッセージをやりとりしている」らしい――。この驚くべき発見を、NHKは昨年9月から今年3月まで8回シリーズのドキュメンタリーで紹介。また、番組と連携した特別展「人体 ―神秘への挑戦―」が、国立科学博物館で3月より開催されている。

この展示会場に設置されたインスタレーション「人体NETWORK SYMPHONY」では、臓器同士が、複雑に絡み合ったネットワークを介してどのようにメッセージを伝えていくかを、色と光で表現。まるでネットワークの中に入り込んだような体験ができる。インスタレーションの制作は、NHKとdot by dot inc.。

Campaignの視点:
インターネットで文章や写真、映像をいつでも、どこからでも閲覧でき、VRも手軽に体験できるようになった時代に、それでも人々があえて展示会場に足を運ぶのは、圧倒的な没入感を求めてのことだろう。ともすれば説明的になりそうな内容を、五感を使って体感できるインスタレーションだ。

「体の中は、驚くほど美しく、騒がしい」というキャッチコピーを体現した展示は彩りが美しく、まさに「インスタ映え」するものだ。また「疲れた、しんどい」とつぶやく「心臓の声」が渋くて面白いというコメントも見られるなど、SNSで拡散する要素も盛りだくさん。充実した内容のWeb版も用意されており、音声をONにしているとかなり騒がしい。だが、この騒がしさをぜひ会場で立体的に体験してみたいと、期待感をくすぐられる。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

Premium
ギネスが描く、日本女子ラグビーの英雄たち
Premium
1 日前

ギネスが描く、日本女子ラグビーの英雄たち

ギネスが展開するキャンペーン「Made of more」。ラグビーワールドカップを目前にテーマとしたのは、日本女子ラグビーの草創期を支えたチーム「リバティーフィールズ」だ。

Premium
価値の重視か、「欺瞞」か
Premium
2019年8月14日

価値の重視か、「欺瞞」か

持続可能な未来の鍵を握るのは広告代理店とも言えよう。透明性をより高めていくことが、結果として更なる利を生む。

Premium
「クールジャパン」のメディア戦略
Premium
2019年8月06日

「クールジャパン」のメディア戦略

海外向けコンテンツを増やし、メディアを活用して日本の競争力を上げる −− クールジャパン機構の松本健マネージングディレクターが語る。

Premium
オールブラックス、日本の交通ルールを体当たりで紹介
Premium
2019年7月26日

オールブラックス、日本の交通ルールを体当たりで紹介

ラグビーワールドカップ開催を目前に控え、ニュージーランド男子代表が日本での安全な旅をサポートする。