Ryoko Tasaki
2018年5月08日

体内の「騒がしさ」を体感できるインスタレーション

SNS映えするインスタレーション会場で、人体の驚くべき事実を体験できる。

体内の「騒がしさ」を体感できるインスタレーション

脳からすべての指令が出され、それを受けて身体が動くのだと思われてきたが、実は「臓器同士がメッセージをやりとりしている」らしい――。この驚くべき発見を、NHKは昨年9月から今年3月まで8回シリーズのドキュメンタリーで紹介。また、番組と連携した特別展「人体 ―神秘への挑戦―」が、国立科学博物館で3月より開催されている。

この展示会場に設置されたインスタレーション「人体NETWORK SYMPHONY」では、臓器同士が、複雑に絡み合ったネットワークを介してどのようにメッセージを伝えていくかを、色と光で表現。まるでネットワークの中に入り込んだような体験ができる。インスタレーションの制作は、NHKとdot by dot inc.。

Campaignの視点:
インターネットで文章や写真、映像をいつでも、どこからでも閲覧でき、VRも手軽に体験できるようになった時代に、それでも人々があえて展示会場に足を運ぶのは、圧倒的な没入感を求めてのことだろう。ともすれば説明的になりそうな内容を、五感を使って体感できるインスタレーションだ。

「体の中は、驚くほど美しく、騒がしい」というキャッチコピーを体現した展示は彩りが美しく、まさに「インスタ映え」するものだ。また「疲れた、しんどい」とつぶやく「心臓の声」が渋くて面白いというコメントも見られるなど、SNSで拡散する要素も盛りだくさん。充実した内容のWeb版も用意されており、音声をONにしているとかなり騒がしい。だが、この騒がしさをぜひ会場で立体的に体験してみたいと、期待感をくすぐられる。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

5 時間前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

1 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。