Staff
2019年7月09日

博報堂、ロゴを刷新

新たなシンボルは「センタードット」。新しい社会・生活・未来への「起点」と「結節点」を象徴する。

博報堂の新たなVI
博報堂の新たなVI

博報堂が新たなビジュアルアイデンティティ(VI)を発表した。今月から順次、国内外のグループで導入していく。

新しいロゴは白地に黒のフォントを使用、社名の前後に黒のセンタードットを配置。これまでは赤の四角いマークが社名の前にデザインされていた。

同社ニュースリリースによると、このセンタードットが「今後の新しい博報堂の役割」を象徴。初めのドットが表すのは「起点」だ。「社員一人ひとりが起点となり、自ら考え、動き、仕掛け、新しい生活や社会の中心点を生み出していきます」。

後ろのドットが表すのは「結節点」。「様々な社会的イシュー、未来のテーマとつながり、企業・スタートアップ・テクノロジー・コンテンツホルダー・自治体・NPOなどあらゆるプレーヤーをつなぐハブとなって、社会に新たな仕組みを実装していきます」。

同社の旧VI

今回の刷新は、新たな社会の仕組みと市場が生まれる時代、曰く「生活者(博報堂は『消費者』という言葉の代わりに、個人をより総体的に捉える意味でこの言葉を使う)インターフェース市場の到来」に「新しい価値を提供していくことを社内外に広く伝える」ため。テクノロジーの劇的な進化や社会のデジタル化、IoT化に伴ない、これからは生活者との「あらゆるタッチポイントがサービスのインターフェースになっていく」。「産業や業界の垣根を超えて」これらがつながり、企業にとっては「生活者との接点が無限となり、双方向でつながる可能性が広がっていく」と言及している。

(文:Campaign Asia-Pacific、水野龍哉)

タグ

関連する記事

併せて読みたい

22 時間前

新型コロナ 各国で政府に不信感

マッキャン・ワールドグループが実施した世界的規模の調査から、7割の人々が自国政府の対応に不満を抱いていることが分かった。

23 時間前

エージェンシー・レポートカード2019:博報堂

昨年は海外企業の買収など幅広く事業を展開、クリエイティブ面でも健闘した博報堂。こうした実績は、果たして自社評価に見合うものなのか。

23 時間前

エージェンシー・レポートカード2019:電通

組織改革中の電通にとって2019年は、日本国内では比較的安定感があるものの、海外事業においては困難な一年であった。目下の課題は、インクルーシブな「One Dentsu」の文化を創造していくことだ。

23 時間前

エージェンシー・レポートカード2019:Dentsu X

リーダーシップ層が幾度も変わった、dentsu X。力強い創造性を武器に、顧客からの価格への圧力と、2018年の収益減少という2つの課題に挑む。