Staff
2019年7月09日

博報堂、ロゴを刷新

新たなシンボルは「センタードット」。新しい社会・生活・未来への「起点」と「結節点」を象徴する。

博報堂の新たなVI
博報堂の新たなVI

博報堂が新たなビジュアルアイデンティティ(VI)を発表した。今月から順次、国内外のグループで導入していく。

新しいロゴは白地に黒のフォントを使用、社名の前後に黒のセンタードットを配置。これまでは赤の四角いマークが社名の前にデザインされていた。

同社ニュースリリースによると、このセンタードットが「今後の新しい博報堂の役割」を象徴。初めのドットが表すのは「起点」だ。「社員一人ひとりが起点となり、自ら考え、動き、仕掛け、新しい生活や社会の中心点を生み出していきます」。

後ろのドットが表すのは「結節点」。「様々な社会的イシュー、未来のテーマとつながり、企業・スタートアップ・テクノロジー・コンテンツホルダー・自治体・NPOなどあらゆるプレーヤーをつなぐハブとなって、社会に新たな仕組みを実装していきます」。

同社の旧VI

今回の刷新は、新たな社会の仕組みと市場が生まれる時代、曰く「生活者(博報堂は『消費者』という言葉の代わりに、個人をより総体的に捉える意味でこの言葉を使う)インターフェース市場の到来」に「新しい価値を提供していくことを社内外に広く伝える」ため。テクノロジーの劇的な進化や社会のデジタル化、IoT化に伴ない、これからは生活者との「あらゆるタッチポイントがサービスのインターフェースになっていく」。「産業や業界の垣根を超えて」これらがつながり、企業にとっては「生活者との接点が無限となり、双方向でつながる可能性が広がっていく」と言及している。

(文:Campaign Asia-Pacific、水野龍哉)

タグ

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年9月17日

アフターコロナ 日本は消費意欲が旺盛

コロナ収束後は積極的に消費をしたい −− マッキャン・ワールドグループが実施する新型コロナウイルスに関するグローバルアンケート調査で、日本が最も消費活動に意欲的という結果が出た。

2020年9月16日

アジアのブランド、CSRキャンペーンに注力

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言してから半年。アジアのブランドがインフルエンサーを活用したCSR(企業の社会的責任)キャンペーンを大幅に増やしていることがわかった。

2020年9月16日

電通、トヨタと新会社を発足

目指すはマーケティング変革とモビリティビジネスの創造 −− 日本の巨大企業2社が手を組み、来年1月に新たな組織を立ち上げることになった。