Robert Sawatzky
2019年10月24日

電通イージス・ネットワーク、中国のECエージェンシーを買収

アイプロスペクト(iProspect)・チャイナは企業規模を拡大、総勢200名の陣容となる。

左から:EBP創業者のフランク・シューCEO、DANチャイナのミッシェル・ラウCEO、DANソリューションズのジョアンナ・カタラノAPAC担当プレジデント、アイプロスペクトのルース・スタブス・グローバルプレジデント、アイプロスペクト・チャイナのトニー・チェンCEOの各氏
左から:EBP創業者のフランク・シューCEO、DANチャイナのミッシェル・ラウCEO、DANソリューションズのジョアンナ・カタラノAPAC担当プレジデント、アイプロスペクトのルース・スタブス・グローバルプレジデント、アイプロスペクト・チャイナのトニー・チェンCEOの各氏

電通イージス・ネットワーク(DAN)が中国のEコマース専門エージェンシー「上海EBPインターネット・テクノロジー(以下、EBP)」を買収した。EBPは2012年に創業、上海と北京に80名のスタッフを持つ。

EBPは主要プラットフォーム上での総合的なEコマースサービスをブランドに提供。オンラインストアオペレーション、ユーザーエクスペリエンス、データサービスに加え、コンサルティングやGTM(Go-to-Market、市場開拓)戦略、キャンペーンなども担う。

EBPの創業者で現在のCEO、フランク・シュー氏は新会社「EBP・アン・アイプロスペクト・カンパニー(EBP, an iProspect Company)でも引き続きCEOに。アイプロスペクト・チャイナのトニー・チェンCEOの直属となる。EBPのスタッフは今月中にアイプロスペクトのオフィスに移り、新会社は総勢200名体制となる。

DANのパフォーマンスマーケティングエージェンシーであるアイプロスペクトは現在、バーバリーやナイキ、マイクロソフトといったブランドのコンバージョンを担う。

「Eコマース機能を高めることはDANチャイナの戦略の一環。EBPの獲得でそのスピードは速まるでしょう。世界最大のEコマース市場でショッピングサイトの取引サービスを提供できれば、アイプロスペクト・チャイナはプロダクトの最適化を実現できるのです」。こう話すのは、DANチャイナのミッシェル・ラウCEO。「この買収は多くの相乗効果を生み出し、我々の関係をより強化できる。各クライアントのポートフォリオにも新たなビジネスチャンスを生み出すことでしょう」。

EBPはこれまでもDANチャイナと密な協働を行ってきた。「DANは完璧なパートナー」と話すシュー氏。「我々はお互いを補完し合える。EBPは先進的なEコマース機能を大規模に具現化でき、アイプロスペクトは多様なクライアントを持っているからです」。

DAN APACエグゼクティブチェアマン兼電通シニアバイスプレジデントの日比野貴樹氏は、「世界最大のEコマース市場でクライアントにソリューションを提供することは我々にとって不可欠の要素」と話す。「この分野の機能を高めることは我々の中国戦略の一環であり、EBPの買収はその大きな節目となります」。

「中国のEコマース市場は今も成長を続けている。中国でのEコマースは単なる効率的ショッピングという意味合いだけでなく、社会的なエクスペリエンスでもあります。洗練された消費者の存在、ソーシャルメディアやさまざまなプラットフォームの急速なイノベーションやインテグレーションは中国国内でのビジネスチャンスとなるだけでなく、学びとして他国市場にも応用できる。ですからこの買収は、Eコマース市場における地位を堅固にし、可能性を高めるという我々の世界戦略と完璧に合致するのです」

DANは今後も更に、この分野における投資を続けていくという。「我々はEコマースを大きな成長機会とみなしています。これまでも長い間投資をしてきましたが、今後もこの方針は継続していく。最も重要なのは、急速に変化を続けるビジネス環境の中で、クライアントのどのような課題に対してもソリューションを提供できる能力を引き続き堅持していくことなのです」。

(文:ロバート・サワツキー、水野龍哉 翻訳・編集:水野龍哉)

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

3 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。