Campaign Japan
2021年4月02日

6秒CMをテーマにした番組、CM枠もすべて6秒

たった6秒で印象に残るCMの制作舞台裏に密着。番組のCM枠もすべて6秒だ。

6秒CMをテーマにした番組、CM枠もすべて6秒

6秒CMについての30分番組「3人の鬼才・六秒世界」をADKマーケティング・ソリューションズが企画・制作し、3月20日にABCテレビにて放送された。

番組では、動画広告として浸透しつつある6秒CMを、尼崎のなつみかん(TikTokクリエイター)、鳥居みゆき(芸人)、シタンダリンタ(高校生映画監督)の3名がそれぞれ制作する様子に密着。6秒でどの程度の情報を伝えられるのかと試行錯誤する様子や、伝えたいメッセージを絞り込む苦悩、誰を登場させるかといったCM制作の舞台裏を紹介する。

また、番組放送中のテレビCMの枠は9本用意されている。テレビCMといえば15秒や30秒の枠が一般的だが、この番組のCM枠はすべて6秒だ。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan
タグ

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

グループエム、世界の広告費予測を下方修正

グループエム(GroupM)によると、実体経済と広告費の乖離が拡大しており、2022年の広告費見通しは「予想されているほど悪くない」という

3 日前

Z世代がブランドに求める3つのこと

Z世代の関心を惹きたいブランドに、当のZ世代は何を期待しているのか。デブリーズ・グローバル(DeVries Global)のシンガポール支社でコンサルタントを務めるゴードン・チュア氏が、Z世代の視点について語った。

3 日前

ゲレティ・アワード 日本審査員が語る広告界の今

女性の視点を反映した世界的規模の広告賞「ゲレティ・アワード 」。日本で審査員を務めた面々が、業界におけるジェンダー平等、女性がより共感できるストーリーの必要性などを語り合った。

3 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、3年ぶりに現地開催

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。