Faaez Samadi
2017年12月04日

DAN傘下のフェッチ、日本で始動

英国のモバイルメディアエージェンシーが日本市場に参入した。

原健介氏
原健介氏

電通イージス・ネットワーク(DAN)は、傘下のモバイルメディアエージェンシー「フェッチ(Fetch)」の東京事務所「フェッチ・ジャパン」を電通デジタル内に開設したと発表した。

モバイルマーケティングとその分析を専門とするフェッチ・ジャパンは電通及び電通デジタルと協働し、日本の広告主にサービスを提供していく。

ゼネラルマネージャーとして同社を率いる原健介氏は、1997年にメディアコンテンツプランナーとして電通に入社。様々な部署を経て昨年7月、電通デジタルのモバイルマーケティング部門責任者となった。

「我が社はデータ分析からクリエイティブ、そしてオフライン事業まで包括的なソリューションを提供していきます。日本のモバイルマーケティングの変革に貢献できるでしょう」と同氏。

フェッチは既にエクスペディアやホテルズドットコムといったクライアントを持ち、日本ですぐに活動を開始する予定。既に香港でも事業を展開している。

フェッチのジェームズ・コネリーCEO兼創業者は、「日本にはデジタルエコノミーに関わるクライアントと、極めて先進的なモバイルユーザーがたくさんいる。日本への進出は長年のプランでした」と話す。

「我が社は既に欧米でのプレゼンスを築いている。日本の事務所も短期間で重要拠点になると期待しています」

DANは2014年、ロンドンに本社を置くフェッチを買収した。最近ではウーバーとの応酬がメディアで話題。ウーバーが「虚偽のクリック数を売りつけた」とフェッチを告訴したのに対し、フェッチは「ウーバーが支払いを放棄している」と非難している。

(文:ファイズ・サマディ 編集:水野龍哉)

関連する記事

併せて読みたい

21 時間前

電通、ネットゼロへの野心的取り組み

今から1年前、温室効果ガス排出量を2030年までに46%削減すると発表した電通インターナショナル。その歩みは順調だ。

2021年10月22日

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年10月22日

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2021年10月22日

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。