Natasha Bach
2021年5月13日

WPP、マイクロソフトとの提携でクリエイティブを強化

WPPとマイクロソフトとの関係が深化している。その領域はクリエイティブ面にも波及。WPPは新たにクラウドプラットフォーム「クラウドスタジオ」を導入する。

WPP、マイクロソフトとの提携でクリエイティブを強化

クラウドスタジオはコンテンツ制作のためのクラウドプラットフォーム。バーチャルでのコンテンツ制作や編集が円滑に行える仕組みで、世界中に点在するWPP社員の協働がより活発になる。

クラウドスタジオはマイクロソフトアジュール(Azure)の人工知能(AI)を活用、データセンターから送られるメタデータをインデックス化する。異なる国や時間帯で働くWPP社員は複製化やバージョン管理にまつわるトラブルを気にせず、必要なコンテンツにアクセスできる。

これにより、スタッフが実際に集まってスタジオなどで作業をしなくても、バーチャルでのコンテンツ制作が可能に。プラットフォームのユーザーはインターネットが使えるデバイスを持っていさえすれば、アジュールを通して制作プロセスやツールにアクセスできる。

さらには、WPPが掲げるサステナビリティー(持続可能性)の向上にも寄与。過去のコンテンツに関連するデジタルアセットを容易に探し出すことができ、撮影した動画やイメージを再利用して無駄を減らすことができる。

WPPは今後3年をかけ、5000人の社員にクラウドスタジオを普及させる予定。当初はホガース(Hogarth)社など、傘下のクリエイティブプロダクションで展開する。最終的には2万5000人の社員が利用できる体制をつくる予定だ。

(文:ナターシャ・バック 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
PR Week
タグ

関連する記事

併せて読みたい

2022年6月24日

グループエム、世界の広告費予測を下方修正

グループエム(GroupM)によると、実体経済と広告費の乖離が拡大しており、2022年の広告費見通しは「予想されているほど悪くない」という

2022年6月24日

Z世代がブランドに求める3つのこと

Z世代の関心を惹きたいブランドに、当のZ世代は何を期待しているのか。デブリーズ・グローバル(DeVries Global)のシンガポール支社でコンサルタントを務めるゴードン・チュア氏が、Z世代の視点について語った。

2022年6月24日

ゲレティ・アワード 日本審査員が語る広告界の今

女性の視点を反映した世界的規模の広告賞「ゲレティ・アワード 」。日本で審査員を務めた面々が、業界におけるジェンダー平等、女性がより共感できるストーリーの必要性などを語り合った。

2022年6月24日

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、3年ぶりに現地開催

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。