Ryoko Tasaki
2017年10月24日

アジアのユーチューバーが独自の視点で紹介する、日本の魅力

夜間ヘリコプター遊覧、相撲、グランピングといった、普通の観光ではなかなかできない体験に、人気のユーチューバーたちが、さらなる彩りを添えた。

全日本空輸(ANA)は、訪日観光客を誘致するキャンペーン「ジャーニー・バイ・デザイン」を展開した。対象としたのはアジア太平洋地域内でコアとなる、韓国、香港、台湾、インドネシア、フィリピンの5地域。

この企画では、多大なる影響力を持つユーチューバーを5つの地域からそれぞれ招待。日本ならではの体験を、独自の視点で撮影してもらい、動画や写真をユーチューブやインスタグラムで公開した。一行はまず都内でヘリコプター遊覧飛行に歓喜の声を上げ、宿泊先のホテルではデザインやテクノロジーへの驚きを隠さない。翌日以降は茶道や相撲などを体験した後、(主にANA国内線で)全国各地へと向かい、自然や伝統、グルメなどを堪能した。

企画・制作はオンライン動画を手掛けるブレイブバイソン(本社:ロンドン)。2016年にはトルコ航空のインフルエンサーキャンペーン「フォーチュントラベラー」も手掛けている。

Campaignの視点:
日本での素晴らしい体験を、ユーチューバー5名がそれぞれの視点でまとめた動画は、見どころ満載で見事。それぞれに多くの固定ファンがついているため、影響力も期待できる。

インフルエンサーを起用した観光誘致は、さまざまな航空会社や観光局などが既に実施しており、膨大な数の観光プロモーション動画の中で埋没しかねない。今回のANAの企画は、素晴らしい作品へと昇華できるユーチューバーを厳選したことと、目が肥えている彼らを魅了するような体験を提供できたことが、コンテンツの質を高める結果へとつながった。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

3 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。