Misaki Tsuchiyama
2016年9月13日

プリウス、水曜日のカンパネラと試乗MVを制作

話題のアーティストと商品をお題にしたコラボレーションを、コンテンツとして成立させるのは難しい。企業×アーティストのコラボレーションコンテンツとして、ファンも楽しめるこの試乗MVは、羨ましい事例である。

アーティストの持ち味であるキャッチーなサウンドと、未来的な映像が印象的なこのMV には、頻繁に商品とのリンクが登場する。それのそのはず、「水曜日のカンパネラ」は実際にプリウスに試乗し、「松尾芭蕉なら旅にプリウスを選んでいただろう」というコンセプト、自動車工場を思わせるセット、プリウスの部品名を散りばめた歌詞、車内の静かさを表現した水に漂うシーンなど、すべて試乗体験に基づいて制作されている。

ロッテとの「プリウス試乗味ガム」、ブルーボトルコーヒーとの「プリウス試乗味コーヒー」と意外なコラボレーションを展開してきたこのキャンペーン。この試乗MVでは、車の購入に興味が薄いと言われている、若い世代に、YouTubeを通して、プリウスの試乗を周知できる点が魅力。

Campaignの視点:フォーマット化されやすい試乗コンテンツを、ユニークなコラボレーションという切り口で展開しているのが、興味深い。ブランドとポップカルチャーをうまく橋渡し、双方にとって魅力的なコンテンツとして昇華している点が新鮮。

(文:土山美咲)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

4 日前

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。

4 日前

APACのブランドセーフティ指標が大きく改善:ダブルベリファイ調査

ダブルベリファイの調査によれば、APACではモバイルアプリ広告の品質も向上している。また、アドフラウドが減少し、動画広告のビューアビリティが向上したことも確認された。ただし、ディスプレイ広告のビューアビリティはやや低下している。