David Blecken
2018年3月27日

大学を卒業する若者たちを、三井住友銀行が応援

別れと出会いの季節を描いた動画で、銀行の人間的な一面を見せる。

自由で楽しかった学生時代が終わり、新社会人として歩みだす若者たちにとって、春は期待と不安で胸がいっぱいの季節だ。三井住友銀行(SMBC)の動画には、新たな門出に備える女性とその親友たちとして、慶應義塾大学、早稲田大学、東京理科大学のミスコン受賞者たちが登場する。

動画では、この季節に人々が抱く寂しさや不安、喜びといった感情を描きながら、SMBCが新しい世界に「デビュー」する若者たちにとって心強いパートナーであることを訴求。「デビューフェア」のインセンティブとして、最大5,000円分のプレゼントも用意している。

Campaignの視点:
あまりに可愛い子ぶった描き方ではないか、という見方もあるだろうが、多くの人の共感を呼び起こす作品といえよう。SMBCの親しみやすさもうまく訴求できている。伝統的な金融機関がフィンテック(ITを駆使した金融サービス)の脅威にさらされる中で、このような広告を実施する銀行は、意外なことに少ない。

ミスコン受賞者を起用した理由をSMBCは明らかにしていないが、ミスコンの是非はさておき、芸能人でなく実際の学生を起用していることが重要だ。男性が共感できる動画もぜひ見てみたい。でないと、この企画全体が不釣合いに映る。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2 日前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

4 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。