David Blecken
2017年8月15日

大物画家デザインのサーキットで試される、日産の実力

60周年を迎えた「スカイライン」のために、「ピガッソ」が特別な作品を描いた。

伝説的F1ドライバーのジャッキー・スチュワートはかつて、ドイツの難関サーキット「ニュルブルクリンク」を「緑の地獄」と呼んだ。しかし、ブタが「デザイン」したこのコースには、及びもつかないだろう。

誕生60周年を迎えたスカイラインの優れた性能をアピールすべく、日産自動車はTBWA\HAKUHODOと共に南アフリカの才能豊かな画家、ブタの「ピガッソ」にコースデザインを依頼。ピガッソの描き出した極めて複雑なデザインを実物大のサーキットに展開し、レーシングドライバーのミハエル・クルムを招いた。クルムは、コースの全容を知らされることなく、試験走行に臨んでいる。

スタート直後はコースの複雑さに困惑していたクルムだが、スカイラインの電気信号ステアリング(DAS)技術に感動したようだ。(コースのデザイナーが明らかになった時点で、ピガッソの才能にも驚いたことだろう)

Campaignの視点:
すばらしく愉快な試みであり、かつ、動物にもドライバーにも終始、危害は及んでいない。実際、ピガッソもクルムも存分に楽しんでいるようだ。スカイライン以外の自動車でも、このコースをうまく走行することができるかといえば、その答えはほぼ確実に「イエス」だろう。だが、肝心なポイントはそこではない。ユーモアを生かした自動車の広告がいまだにほとんど見られない中、日産自動車がユーモラスに、スカイラインの真の魅力を余すところなく表現している点がいい。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:鎌田文子 編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年9月17日

アフターコロナ 日本は消費意欲が旺盛

コロナ収束後は積極的に消費をしたい −− マッキャン・ワールドグループが実施する新型コロナウイルスに関するグローバルアンケート調査で、日本が最も消費活動に意欲的という結果が出た。

2020年9月16日

アジアのブランド、CSRキャンペーンに注力

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言してから半年。アジアのブランドがインフルエンサーを活用したCSR(企業の社会的責任)キャンペーンを大幅に増やしていることがわかった。

2020年9月16日

電通、トヨタと新会社を発足

目指すはマーケティング変革とモビリティビジネスの創造 −− 日本の巨大企業2社が手を組み、来年1月に新たな組織を立ち上げることになった。