Staff
2017年2月13日

アジア太平洋地域でジェンダーの見えない壁を打ち破るサーベイ

グローバルな調査では、最高経営幹部クラスの女性の人材不足が既に明らかです。しかし、アジアのメディア・マーケティング業界の実態とはどのようなものでしょうか?

アジア太平洋地域でジェンダーの見えない壁を打ち破るサーベイ

「ガールズ・ラウンジ」、「リーン・イン」、「ガラスの天井」、「女性指数」など職場におけるジェンダーの影響について、既に様々な議論がなされています。

にもかかわらず、これらの認識もアジアのフィルターを通すとまた少し違ったものになってくるようです。Campaign Asia-Pacificのジェンダー・ダイバーシティーに関する独自調査では、アジア太平洋地域独特の体験について掘り下げます。

Campaign初のジェンダー・ダイバーシティー・サーベイは、必要な情報を必要な場所におくことを目的とします。問題に光を当て、貴重な関連データを提供することは、必要とされる変化に対応する業界の責任遂行を後押しします。

議論が問題の前進に貢献することは確かですが、今回のサーベイにご協力いただくことは、業界のリーダーとして、平等で公平な職場構築への前進に向けた透明性と方向性を示す一助になります。

この重要な調査にぜひご参加ください。アンケートへはこちらからご回答ください(恐れ入りますが、アンケートは英語のみとなります)。

ご回答の締め切りは2017年2月27日です。

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2 日前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

4 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。