Mariah Cooper
2022年1月28日

イベントはパンデミックでどう変わるか?

企業はイベントのバーチャル開催を、パンデミック後も継続していく考えのようだ。

イベントはパンデミックでどう変わるか?

パンデミック前はビジネスイベントの会場に大勢の人が集まり、講演を聞いたり人脈を広げたものだった。 

新型コロナウイルスの感染が拡大した2020年はバーチャルでの開催が急増したものの、ワクチン接種が進んだ2021年は対面とバーチャルを組み合わせたハイブリッド型の開催が増えた

しかし今年に入ってからはオミクロン株が世界中で猛威を振るっている。米ラスベガスで先日開催されたCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)も、出展を断念する企業が続出し、来場者数も減少。さらには感染対策のために、開催期間を1日短縮することとなった。

イベントマーケティングを支援する米スプラッシュ社が、イベント専門家253名と参加者3,133名を対象に実施した調からは、バーチャルイベントを恒久的な戦略として位置づけようとする企業の姿が垣間見える

2022年はハイブリッド型での開催を増やすと回答したのは全体の79%だった。59%はバーチャルイベント技術への投資を増やし、74%は採用活動でバーチャルイベントを活用する予定だという

パンデミックを機に、多くの企業はデジタルマーケティングを強化し、将来バーチャルイベントで必要なスキルセットを磨いたと語るのはスプラッシュ社のCEO、エリック・ホルメン氏だ。 

「予定していたイベントがキャンセルになった場合は、デジタルマーケティング担当者の頭に切り替えてツールキットを使うようにならなくてはなりません」とホルメン氏。「対面型で得られるセレンディピティ(予想外のものに偶然出合うこと)やマジックに頼れなくなったからです。参加者の体験をパーソナライズするデジタルツールに、戻れるようにならなくてはなりません」。 

対面型イベント急減のあおりを最も受けるのは展示会業界や、季節限定のショッピングイベントやグランドオープニングイベントを頻繁に開催する大規模リテールブランドになるだろう。「今は展示会ビジネスに携わりたいとは思いません」と同氏は吐露する。「残りのパンデミック期の間も、さらにはパンデミック後も、事業環境は厳しいものになるでしょうね」。 

一方で、対面型での開催が前年よりも増えるだろうと予測する回答者も50%に上る。「感染者数の波が落ち着くと、参加者は増えることが多いものです」。

だが大規模なイベントへの参加はリスクが大きすぎることから、厳選されたコンテンツやエクスペリエンスを得られる小規模なイベントへの人気が高まるだろうと同氏は考える。「人々はどのイベントに参加するか、厳しい目で選ぶようになっています」。

(文:マライア・クーパー、翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign US

関連する記事

併せて読みたい

2022年5月13日

世界マーケティング短信:カンヌライオンズの多様性、SNSと自己肯定感

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2022年5月12日

マーケターは、インハウス化になぜ積極的か

メディアとマーケティングの未来を考えるCampaign主催のイベント「Campaign360」。初日のテーマの1つが、デジタルマーケティングのインハウス化だった。

2022年5月12日

グーグル、2021年に34億の広告をブロックし、560万のアカウントを停止

グーグルは、ロシア国営メディアに対する措置も講じている。

2022年5月12日

苦難の時代、メディアのクリエイティビティが正義の力となる

カンヌライオンズ、メディア部門の審査員長によると、ロシアによるウクライナ侵攻が始まって以降、メディアの社会的影響力が増大しているという。