David Blecken
2017年6月20日

エッセンス社MDが辞職

グループエム(GroupM)傘下のデジタルメディアエージェンシー、「エッセンス(Essence)」の日本担当マネージングディレクターであった西谷大蔵氏が退社したことが分かった。

西谷大蔵氏
西谷大蔵氏

西谷氏は昨年5月、エッセンス社にとって大きな収益源である日本市場における主導的役割を期待され、マネージングディレクターに就任したばかり。

エッセンスは西谷氏退職の理由や、暫定的なマネージングディレクターについては明らかにしていない。同社スポークスマンは、「西谷氏は弊社の日本市場における成功に多大な貢献をしました。結果的に別々の道を歩むことになりましたが、同氏の今後の更なるご活躍をお祈りします」と語った。

西谷氏はアップルでモバイル広告プラットフォーム「iAd」のゼネラルマネージャーを務め、その後エッセンスに入社した。因みにiAdは1年前に廃止されている。

エッセンスは2014年に東京に進出、松下恭子・日本及びアジア太平洋地域CEOが指揮を執っている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング通信:トランプに異を唱えるブランド、ワッツアップへの逆風

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

クリエイティビティと効果の関係

クリエイティビティと効果向上は手を取り合う必要があると、マッキャン・ワールドグループ(McCann Worldgroup)のグローバルプレジデント兼最高戦略責任者は語る。

2 日前

プライバシー保護法がネット広告を規制する時代

EUのGDPR(一般データ保護規則)をはじめとするプライバシーに関する法律は、コンプライアンス部門に任せきりにすべきではない。インターネット広告に力をもたらすデータ収集の慣行こそが、プライバシー保護規制の焦点であり、マーケターも留意する必要がある

2021年1月08日

世界マーケティング短信:ネットフリックスの日本向けキャンペーン、過労死で揺れる中国テック業界

2021年最初の「世界マーケティング短信」は、年末から年始にかけての注目すべき動向をお届けする。