Staff Reporters
2024年4月04日

エージェンシー・レポートカード2023:APAC主要エージェンシーの評価表

今年で21回目を迎えたCampaign Asia-Pacificの「エージェンシー・レポートカード」。アジア太平洋地域(APAC)の主要エージェンシーの1年間にわたる実績を、ビジネス成長やイノベーション、クリエイティビティー、DEI&サステナビリティー、マネジメントといった切り口から総合的に評価する

エージェンシー・レポートカード2023:APAC主要エージェンシーの評価表

マーコム(マーケティングコミュニケーション)業界のベンチマークとして評価が高いエージェンシー・レポートカード。総合的視点から細部にまで目を配ったレポートは、業界で唯一無二と言えよう。21回目となる今年はさらに調査の質を重視し、データ主導の測定法・分析をより向上させた。

対象となったのはAPACのトップエージェンシー、31社。日本からは電通クリエイティブ、Dentsu X、カラ(Carat)、博報堂の4社を選出した。

電通クリエイティブ
Dentsu X
カラ(Carat)
博報堂 (Hakuhodo)

例年のごとく、評価のカテゴリーは「ビジネス成長」「イノベーション」「DEI(多様性、公平性、包摂性)&サステナビリティー」「クリエイティビティー&エフェクティブネス(有効性)」「マネジメント」の5分野とした。マネジメントのカテゴリーでは、人材確保・育成、福利厚生、他のカテゴリーにおける営業実績なども考慮した。

サステナビリティーがクライアントや消費者、そしてエージェンシーの間で重要性を増していることを考慮し、「DEI&サステナビリティー」ではDEIとサステナビリティーの評価を50%ずつに(昨年のサステナビリティーの比重は40%)。

評価基準とランク分けの詳細は下記の通り。各ページの最後には各エージェンシーの事業内訳、主要クライアント、専門性、そして自社評価も記した。

今年の評価法

評価法は、「DEI&サステナビリティー」における比率を除き、大きな変更はない。アルファベットと数値による評価は変わらず、各エージェンシーの比較はより明快となった。あえて言うなら、同じレターグレード(アルファベットによる評価)内の数値がパフォーマンスを表す上でより重要になったことか。総合的評価の比重が増したことで、各エージェンシーの差異が小さくなったからだ。

その結果、多くのエージェンシーがBあるいはCの評価を獲得。Aを獲得したエージェンシーは極めて少なかった。総合評価でA-を受けたのは、1社のみ。

結果

昨年のビジネス環境は、APACのエージェンシーにとって依然厳しかった。スタッフの移動制限や消費支出の減少が顕著だった2022年の影響を引きずり、マーケティング予算は低迷。それでもいくつかの改善点が見られた。昨年は「ビジネス成長」で評価を下げたエージェンシーが続出したが、今年は11社が評価を上げた。

最終的に、今年は半数以上のエージェンシー(31社のうち17社)が数値評価を上げ、そのうち10社がレターグレードを上げた。数値評価を下げたのは9社で、3社が同じレターグレードを維持した。

また全てのカテゴリーで、評価を上げたエージェンシーの数が下げたエージェンシーの数を上回った。AIへの支出や取り組みが増え、「イノベーション」で評価を上げたエージェンシーは最多の14社(評価を下げたのは3社)。あらゆるエージェンシーが効率やクリエイティビティー、クライアントの業績を向上させるためAIを活用し、メディア企業も新たなクッキーレスソリューションに支出した。

「クリエイティビティー&エフェクティブネス」も、全体的に改善。現場での撮影やオフィスでの打合せも復活し、評価を上げたエージェンシーは11社だった(評価を下げたのは4社)。

「DEI&サステナビリティー」は結果が分かれた。コロナ後、多くのエージェンシーがこの分野に積極的に支出したため、昨年は積極的な対策が取られなかった。一方、「マネジメント」はほとんどのエージェンシーが昨年と同じ評価で、最も変化が少なかった。

評価基準

以下、5つのカテゴリー:

  1. ビジネス成長:総売上高、新規事業の売上高(各社公表額と、コンサルティング会社R3、COMvergenceのデータを基にしたCampaign AI『ニュービジネス・エージェンシー・ランキング』で発表された額を勘案)、オーガニック成長、収益性、新規クライアントと失ったクライアントの数、収益の多様性などを評価。
  2. イノベーション:アジアにおけるイニシアティブと、自社及び従業員、クライアント、業界に影響を及ぼしたイノベーションを質的に評価。
  3. DEI&サステナビリティー: これら分野における公約の実行性を質的評価。持株会社のイニシアティブ、特に地域における取り組みを考慮。
  4. クリエイティビティー&エフェクティブネス: 手掛けたキャンペーンの質・有効性を評価。地域及び世界レベルの広告賞の獲得(特に主要広告賞を重視)、手掛けたキャンペーンがクライアントにもたらした効果も考慮。
  5. マネジメント:上記4つのカテゴリーに加え、APACにおける経営方針と安定性、業界への貢献度、社員教育・能力開発、離職率といった面から経営陣のパフォーマンスを質的評価。

評価決定までのプロセス

対象となったほとんどのエージェンシーが、弊誌からの多岐にわたる質問に丁重な回答を返してくれた。これら自社評価に加え、弊誌による独自調査を実施。大半のエージェンシーのAPAC責任者から約1時間にわたる聞き取り調査を行った。こうして各社のパフォーマンスをカテゴリー別に数値化(1から10まで)し、ランクを決定。数値とアルファベットの評価基準は下記の通り。

それぞれのカテゴリーで評価が決定すると、全エディターが参加する会議で最終チェック。各カテゴリーの平均値を出し、総合評価とした。数値を出すことで、より細かい評価に努めた。

 
アルファベットによるランク 評価 ポイント ポイント幅
A 比類のない素晴らしさ 9.5 9.3以上
A- 傑出している 9 8.8 - 9.2
B+ 非常に優れている 8.5 8.3 - 8.7
B とても良い"8 8 7.8 - 8.2
B- 良い 7.5 7.3 - 7.7
C+ 平均的 7 6.8 - 7.2
C まあまあ 6.5 6.3 - 6.7
C- 努力が必要 6 5.8 - 6.2
D+  劣っている 5.5 5.3 - 5.7
D 非常に劣っている 5 4.8 - 5.2
F 落第点 0-4.5 0.0 - 4.7

過去のエージェンシー・レポートカードはこちらから

20222021  | 2020  |2019  |2018  |2017

(日本版は2016年5月に刊行、2017年よりエージェンシー·レポートカードを掲載)

 

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

パワーリスト2024:濱松幹昌(日産自動車)

日産自動車の革新的な精神を、戦略的なキャンペーンやパートナーシップを通じて打ち出してきた濱松幹昌氏は、ブランドの存在感を世界的に高めている。

1 日前

パワーリスト2024:河野奈保(楽天)

楽天のビジネスを躍進させ、ブランド認知度を大きく高めた河野氏。昨年はエコシステムへのAIの統合にも尽力した。

1 日前

パワーリスト2024:岡本達也(味の素)

岡本達也氏はイノベーションと戦略を融合させ、味の素らしい価値提供やインパクトの向上をグローバルで強化している。

2024年5月17日

パワーリスト2024:「APACベストマーケター50」に選ばれた日本人

Campaign Asia-Pacificが毎年、アジア太平洋地域(APAC)の傑出したマーケターを選ぶ「パワーリスト(Power List)」。今年は日本から5名が選出された。