Campaign Japan
2020年10月01日

キネッソジャパン新社長に、野澤ニコラス氏

インターパブリック・グループ(IPG)のメディア・マーケティング・テクノロジーユニット「キネッソ(Kinesso)」社の新たな代表取締役社長に、野澤ニコラス氏が就任した。

野澤ニコラス氏
野澤ニコラス氏

野澤氏は2019年、IPGメディアブランズジャパンにチーフ・プロダクト・オフィサー(CPO)として入社。今後は同職も兼務しつつキネッソジャパンを牽引、メディアブランズのCEO兼カントリーマネージャーである園田光一、キネッソのグローバルCEOであるアルン・クマール氏の直属となる。

野澤氏はボストン大学でコンピューターサイエンスの修士を取得。これまでAIGやメットライフ、アップルといった世界の有数企業でビジネスとテクノロジーを融合した戦略・戦術の開発に従事した。データサイエンスやビジネスインテリジェンス、デジタルトランスフォーメーション、マーケティングオートメーションシステム設計、プロセス最適化といった分野の専門家で、B2B2C環境でのデジタルマーケティングの戦略策定と運用に豊富な知見を持つ。

クマール氏は、「彼がクライアントのデータ・ドリブンマーケティングをさらに強化してくれることを期待します」とコメント。

野澤氏は、「日本市場の現況を好機と捉え、チームとクライアントがビジネス目標を上回る成果を出せるよう最善を尽くしていく所存です」とコメントを出している。

(文:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan
タグ

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:大胆なアイデアで、気づきから行動へ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

異例の五輪 社会貢献に注力したトヨタ

東京五輪の主要スポンサーだったトヨタ自動車にとって、今夏の大会は決して期待通りのものではなかった。だがアクティベイションを「社会善」に転換、消費者から大きな共感を得た。

3 日前

コンテクスチュアル広告はブランド想起を高める:IAS調査

コンテクスチュアル広告は、Cookieの有効な代替手段になるとの調査結果が発表された。

3 日前

バーチャルマーケティングの限界にどう対応するか:セールスフォース

データソースの爆発的な増加やバーチャルマーケティングの飽和、そしてパンデミックがもたらした市場の変化が定着する中でマーケターに求められるスキルアップなどについて、セールスフォースのAPACマーケティング担当シニアディレクターが語る。