Thomas Moore
2018年5月09日

ソレル元CEO、「再出発したい」との意向を明らかに

ニューヨークで開催されたカンファレンスに火曜日、マーティン・ソレル氏(WPP元CEO)が登壇。より明確なビジョンを抱いて再出発したい、と展望を語った。

マーティン・ソレル氏
マーティン・ソレル氏

世界最大のマーケティングサービス持ち株会社の経営から退いたソレル氏だが、これが彼のキャリアの終止符ではない。

ニューヨーク市で開催されたカンファレンス「Techonomy NYC 18」に登壇した同氏は、引退するつもりはなく、心機一転やり直す考えであると語った。

デイビッド・カークパトリック氏(テコノミー創業者兼CEO)に今後の予定を聞かれたソレル氏は、「希望退職も定年退職もしませんよ」と発言。「再出発したいと考えています」

詳細な内容についてカークパトリック氏が聞き出そうとしたものの、ソレル氏は「いや、これ以上はもう言いません」と、何も明かさなかった。

だが、テクノロジー企業やメディア、経済、トランプ米大統領に関する質問に回答する中で、今後の展望についてほのめかした。

WPP辞任について触れたのは、講演の終盤のこと。従来型の広告ビジネスの未来について、来場者から質問され、これに同氏が回答した。

「WPPを離れてから、(従来型の広告ビジネスの)どの領域において成長が見込めるか、そしてどこに課題があるのか、より明確になりました」とソレル氏。「従来型の広告ビジネスが、再構築を果たせないとは思いません。可能なはずですし、可能になっていくのだと思います。持ち株会社の経営者たちは愚かではないので、皆このことをよく理解しています」

ソレル氏は、「個人的な不正行為」と会社資産の使用に関する調査をWPP取締役会が開始後、4月14日に辞任。両者とも、調査や申し立てについて詳細を公表していない。

(文:トーマス・ムーア 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign UK

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2 日前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

4 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。