David Blecken
2018年7月11日

ビーコンの小山氏、フェイスブックへ

着任は10月1日を予定している。

2014年よりビーコンコミュニケーションズでエグゼクティブ・プランニング・ディレクターを務める小山聡介氏
2014年よりビーコンコミュニケーションズでエグゼクティブ・プランニング・ディレクターを務める小山聡介氏

ビーコンコミュニケーションズ(ピュブリシス・ワンの傘下)のエグゼクティブ・プランニング・ディレクター、小山聡介氏がフェイスブックに移ることが明らかになった。

小山氏は2014年から現職で、上海勤務も経験。その前にもBBHやワイデン+ケネディなど多くのエージェンシーに勤め、米国やシンガポールでも経験を積んだ。

今回の転職の件で、小山氏からのコメントは無い。ピュブリシス・ワンのマネージングディレクター、フロリアーヌ・トリポリーノ氏によると、同社は新しくチーフ・ストラテジー・オフィサーを採用し、10月1日から着任する予定。詳細は明かさなかったが、クライアントサイドからの採用だという。

ピュブリシス・ワンでは2月に、12年在籍していたジョン・キング氏が退職し、後任にエリック・ロサ氏が任命されている。

エージェンシーサイドからの転職では他に、JWTロンドンなどでの活躍後にフェイスブックに入り、クリエイティブを率いる冨川淳氏が知られる。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

Premium
世界マーケティング短信:電通、依然買収に注力
Premium
1 日前

世界マーケティング短信:電通、依然買収に注力

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

Premium
なぜAIと称されるロボットが、あなたの仕事を(まだ)奪わないのか
Premium
3 日前

なぜAIと称されるロボットが、あなたの仕事を(まだ)奪わないのか

ソフィアのようないわゆる「人工知能ロボット」は、マーケターが生活者とつながり、より深く理解し、リアルタイムかつパーソナルに対応することを可能にしてくれる。もしロボットとの会話が可能なら、ではあるが。

Premium
リストラを「最大のチャンス」に
Premium
3 日前

リストラを「最大のチャンス」に

広告界の仕事には多くのメリットがある。新たな世界に飛び込む人には、それが大きな武器となる得るのだ。解雇、あるいは自分の意志によって転身した人々は、どのようにして成功を収めたのだろうか。

Premium
ブランドが目指すべきなのは、メディア企業ではない
Premium
4 日前

ブランドが目指すべきなのは、メディア企業ではない

現在は「常時接続」コンテンツの時代だが、これに筆者は反論する。