David Blecken
2018年7月11日

ビーコンの小山氏、フェイスブックへ

着任は10月1日を予定している。

2014年よりビーコンコミュニケーションズでエグゼクティブ・プランニング・ディレクターを務める小山聡介氏
2014年よりビーコンコミュニケーションズでエグゼクティブ・プランニング・ディレクターを務める小山聡介氏

ビーコンコミュニケーションズ(ピュブリシス・ワンの傘下)のエグゼクティブ・プランニング・ディレクター、小山聡介氏がフェイスブックに移ることが明らかになった。

小山氏は2014年から現職で、上海勤務も経験。その前にもBBHやワイデン+ケネディなど多くのエージェンシーに勤め、米国やシンガポールでも経験を積んだ。

今回の転職の件で、小山氏からのコメントは無い。ピュブリシス・ワンのマネージングディレクター、フロリアーヌ・トリポリーノ氏によると、同社は新しくチーフ・ストラテジー・オフィサーを採用し、10月1日から着任する予定。詳細は明かさなかったが、クライアントサイドからの採用だという。

ピュブリシス・ワンでは2月に、12年在籍していたジョン・キング氏が退職し、後任にエリック・ロサ氏が任命されている。

エージェンシーサイドからの転職では他に、JWTロンドンなどでの活躍後にフェイスブックに入り、クリエイティブを率いる冨川淳氏が知られる。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

5 時間前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

1 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。