David Blecken
2018年2月01日

ピュブリシス・ワンのクリエイティブ責任者が退任

12年間同社に在籍したジョン・キング氏が退職したことが分かった。

ピュブリシス・ワンのクリエイティブ責任者が退任

ピュブリシス・ワンでエグゼクティブクリエイティブディレクター(ECD)を務めていたジョン・キング氏が退任した。同氏はビーコンコミュニケーションズで11年間、最近ではピュブリシス・ワンで日本市場全体のクリエイティブを統率していた。

同氏の退職理由、並びに今後の動向については明らかになっていない。ピュブリシス・ワンは後任のチーフクリエイティブオフィサーとしてエリック・ロサ氏を任命。シンガポールのマレンロウでECDを務めていた同氏は、4月9日付で入社する。

リオデジャネイロ出身のブラジル人であるロサ氏は、インターパブリック・グループに4年間在籍。ユニリーバの歯磨き粉ブランド「クローズアップ(Closeup)」の世界市場におけるクリエイティブワークを担った。ブラジルのジェイ・ウォルター・トンプソン(JWT)やポルトガルのレオ・バーネットでも勤務経験がある。

同氏はピュブリシス・ワンでサーチアンドサーチ、ビーコン、PRコンサルティング会社MSLグループという3つのエージェンシーのクリエイティブを指揮していく。声明で、「ピュブリシスはより大きなクリエイティブのキャンバスを提示してくれた」と語った。

ピュブリシス・ワンはピュブリシス・グループ傘下のエージェンシーを統合する形で2016年に設立された。アジア太平洋地域は、先月東京からシンガポールに異動となったニコラス・メナ氏が率いている。東京オフィスはフロリアン・トリポリノ氏がメナ氏を引き継ぎ、昨年1月から指揮をとっている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信:デジタル広告の透明性向上へ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

プライバシー尊重をめぐる複雑な状況とは

これまで不信感を募らせてきたAPACの消費者は、公平な価値交換を承諾してくれるのか、それとも個人を特定できる情報(PII)を使用しないコンテクスチュアルソリューションが主流になるのか、業界の専門家たちがこうした点について議論した。

1 日前

D2Cの活況は、パンデミック後も続くのか

大小さまざまなブランドが消費者に直接リーチする機会を狙っているが、その一方で、パンデミックがもたらしたこの消費行動の変化が、彼らの大幅なフォーカスの変更を正当化し続けてくれることを願っている。

2 日前

WPP、マイクロソフトとの提携でクリエイティブを強化

WPPとマイクロソフトとの関係が深化している。その領域はクリエイティブ面にも波及。WPPは新たにクラウドプラットフォーム「クラウドスタジオ」を導入する。