David Blecken
2018年2月01日

ピュブリシス・ワンのクリエイティブ責任者が退任

12年間同社に在籍したジョン・キング氏が退職したことが分かった。

ピュブリシス・ワンのクリエイティブ責任者が退任

ピュブリシス・ワンでエグゼクティブクリエイティブディレクター(ECD)を務めていたジョン・キング氏が退任した。同氏はビーコンコミュニケーションズで11年間、最近ではピュブリシス・ワンで日本市場全体のクリエイティブを統率していた。

同氏の退職理由、並びに今後の動向については明らかになっていない。ピュブリシス・ワンは後任のチーフクリエイティブオフィサーとしてエリック・ロサ氏を任命。シンガポールのマレンロウでECDを務めていた同氏は、4月9日付で入社する。

リオデジャネイロ出身のブラジル人であるロサ氏は、インターパブリック・グループに4年間在籍。ユニリーバの歯磨き粉ブランド「クローズアップ(Closeup)」の世界市場におけるクリエイティブワークを担った。ブラジルのジェイ・ウォルター・トンプソン(JWT)やポルトガルのレオ・バーネットでも勤務経験がある。

同氏はピュブリシス・ワンでサーチアンドサーチ、ビーコン、PRコンサルティング会社MSLグループという3つのエージェンシーのクリエイティブを指揮していく。声明で、「ピュブリシスはより大きなクリエイティブのキャンバスを提示してくれた」と語った。

ピュブリシス・ワンはピュブリシス・グループ傘下のエージェンシーを統合する形で2016年に設立された。アジア太平洋地域は、先月東京からシンガポールに異動となったニコラス・メナ氏が率いている。東京オフィスはフロリアン・トリポリノ氏がメナ氏を引き継ぎ、昨年1月から指揮をとっている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2022年8月05日

世界マーケティング短信:アマゾン、クラウドと広告が2桁増収

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2022年8月04日

広告は誰のためのものか忘れていないか

アイデアに溢れ、深く考え抜かれ、そしてそれが正義を体現しているとき、広告はある種の公共サービスとなる。

2022年8月04日

アドバンストTVでマーケターが成功するには

ATV(アドバンスドTV)がAPAC(アジア太平洋地域)で爆発的な成長を続けている。ATV広告を成功へと導きたければ、マーケターはその3つの特徴に注目すべきだろう。

2022年8月04日

「韓流」、その大いなる経済効果

韓国のソフトパワーの勢いが止まらない。その効果は様々な国内産プロダクトにも波及。韓国政府が描いた戦略と、その軌跡を辿る。