David Blecken
2018年2月01日

ピュブリシス・ワンのクリエイティブ責任者が退任

12年間同社に在籍したジョン・キング氏が退職したことが分かった。

ピュブリシス・ワンのクリエイティブ責任者が退任

ピュブリシス・ワンでエグゼクティブクリエイティブディレクター(ECD)を務めていたジョン・キング氏が退任した。同氏はビーコンコミュニケーションズで11年間、最近ではピュブリシス・ワンで日本市場全体のクリエイティブを統率していた。

同氏の退職理由、並びに今後の動向については明らかになっていない。ピュブリシス・ワンは後任のチーフクリエイティブオフィサーとしてエリック・ロサ氏を任命。シンガポールのマレンロウでECDを務めていた同氏は、4月9日付で入社する。

リオデジャネイロ出身のブラジル人であるロサ氏は、インターパブリック・グループに4年間在籍。ユニリーバの歯磨き粉ブランド「クローズアップ(Closeup)」の世界市場におけるクリエイティブワークを担った。ブラジルのジェイ・ウォルター・トンプソン(JWT)やポルトガルのレオ・バーネットでも勤務経験がある。

同氏はピュブリシス・ワンでサーチアンドサーチ、ビーコン、PRコンサルティング会社MSLグループという3つのエージェンシーのクリエイティブを指揮していく。声明で、「ピュブリシスはより大きなクリエイティブのキャンバスを提示してくれた」と語った。

ピュブリシス・ワンはピュブリシス・グループ傘下のエージェンシーを統合する形で2016年に設立された。アジア太平洋地域は、先月東京からシンガポールに異動となったニコラス・メナ氏が率いている。東京オフィスはフロリアン・トリポリノ氏がメナ氏を引き継ぎ、昨年1月から指揮をとっている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

17 時間前

「ようこそ東京へ」 マイクロソフトの五輪期間キャンペーン

迷走に次ぐ迷走の末、とうとう開幕した東京五輪。この夏、日本への旅を楽しみにしていた海外の人々は推定100万人。そうした人々に向け、米国ではマイクロソフトが五輪期間限定のキャンペーンを開始した。

2021年7月23日

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月22日

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

2021年7月22日

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。