Lindsay Stein
2020年6月15日

「ブラック・ライブズ・マター」 支持者がブランドに望むこと

ブラック・ライブズ・マター運動に共鳴する人々の意識が、米国での最新調査で明らかになった。

「ブラック・ライブズ・マター」 支持者がブランドに望むこと

ブラック・ライブズ・マター運動の支持者の過半数(58%)は、ブランドに対して「人々に投票に行くよう働きかけてほしい」と望んでいることが調査結果で分かった。

調査は6月2日、グローバルデータとインサイトを専門とする「ダイナタ(Dynata)」社が「デブリースグローバル(DeVries Global)」社の協力を得てオンラインで実施。1000人の米国成人を対象とした。

投票の奨励に加え、約半数(48%)がブランドに対し「多様性のある雇用を約束してほしい」と回答。また3分の1以上(36%)は、困難な局面を乗り越えるため、ブランドには「寄付による支援活動をしてほしい」と答えた。

さらに、世代による意識の差異も明らかに。「この運動で、将来的に購買活動が変わるだろう」と答えた若年層は中高年層の3倍以上に上った。

こうした社会的事件を考慮し、「商品購入前にそのブランドのインクルーシビティ(包摂性)を調べる」と答えた18歳から35歳までの回答者は62%以上。それに対し35歳から44歳までの層では48%、45歳以上では20%だった。

「抗議行動に関するニュースや情報をどのように得るか」という質問には、テレビがトップで72%。特に35歳以上の層で顕著だった。2番目がソーシャルメディアで42%。最も多く挙げられたプラットフォームはフェイスブックで、次いでインスタグラム、ツイッターの順だった。

回答者の3分の1(32%)は「抗議行動以外のニュースにも関心がある」としたのに対し、23%は「この1〜2週間は他のニュースは見ない」と答え、22%は「人種間の不平等が解決されるまで、他のニュースは見ない」と答えた。

(文:リンゼイ・スタイン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign US

関連する記事

併せて読みたい

2021年7月30日

日本のマッキャン・ワールドグループに新CEO

新たなCEOに就くのはジー・ワトソン氏。これまでの役職も引き続き兼務する。

2021年7月30日

世界マーケティング短信:プラットフォーム大手の増収、広告が牽引

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月30日

コカ・コーラ、マーケティング投資を対前年比で倍増

飲料大手のコカ・コーラでは、2020年に大きく削減したマーケティング投資が順調に回復してきている。投下した費用に対する質の向上とターゲティング重視の方針により、東京オリンピックでのプロモーション計画は縮小されたが、顧客へのダイレクト販売(D2C)は成長が続いている。

2021年7月30日

VISA、7年ぶりのブランド刷新は何を意味するのか

ワイデンアンドケネディが手がけた新たなアイデンティティ「Meet VISA」は、クレジットカードから出発したVISAブランドの進化を示し、より広範な金融サービスプラットフォームとしての地位を目指す同社の姿勢を伝えている。