David Blecken
2017年6月20日

マッキャンヘルス、クリエイティビティーを強化

ヘルスケア業界の変化に対応するため、クリエイティビティーを活動の中核に – マッキャンヘルスが新たな人事を発表した。

柿並俊介氏
柿並俊介氏

今回、同社に新たに採用されたのはRx(リアクティブエクステンション)とコンシューマーヘルスケア事業を牽引していく2人のクリエイティブ。

医療用医薬品ビジネスのグループ・クリエイティブディレクターに就任したのは、柿並俊介氏。以前はビーコンコミュニケーションズ(現在はピュブリシスグループの一員)でクリエイティブディレクターを務めていた。

マッキャンヘルスのクリエイティブディレクターとしてコンシューマーヘルス部門に注力するのは、谷口昇司氏。前職は大広のクリエイティブ兼アートディレクター。

両氏ともにカンヌライオンズやスパイクスアジアといった広告界の名だたるアワードで受賞歴がある。ヘルスケア分野のマーケティングではクリエイティビティーが最優先されていない感があるが、特許権の存続期間問題やブランド差別化の必要性といった要因から、市場は徐々に変化しつつある。マッキャンヘルス・ジャパンのジャック・ブレーキー代表取締役社長は声明の中で、「今後はクリエイティビティーをビジネスの中核に据えていく」と述べた。

マッキャンは今年のカンヌライオンズのヘルス・アンド・ウェルネス部門で、ALS(筋萎縮性側索硬化症)に関する啓発を行う社団法人「End ALS」のために制作した動画「Still Life」で銅賞を獲得したばかり。同部門では電通と博報堂も銅賞に輝いている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

広告は物を売ることもできるが、世界を救うこともできる

スターコム(Starcom)でアカウントディレクターを務めるワンジュ・リー氏は、広告業界が「物を売ること」と「社会貢献活動」を両立できると考える理由を説明する。

4 日前

ガイ・カワサキからマーケターへ「パンデミックを生き抜くための10のポイント」

ブランドエバンジェリストのガイ・カワサキ氏が、持続性の向上から低調な事業・製品の廃止まで、ブランドが長引くパンデミックを生き抜くための助言を授ける。

4 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、今年もオンラインのみ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

エージェンシー社員のメンタルヘルスを守れ

英コンサルティング会社の調査で、ピッチ(競合の企画提案)による重圧がエージェンシー社員を苦しめていることがわかった。