David Blecken
2017年10月10日

楽天とNBAがパートナーシップ契約を締結

Eコマース大手が、北米バスケットボールリーグの試合を国内で独占的に放映・配信していくことに。

楽天の創業者で、代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏
楽天の創業者で、代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏

楽天は、米プロバスケットボールリーグ(NBA)の独占的な放映・配信パートナー、グローバルにおけるマーケティングパートナーとなったことを発表した。

このパートナーシップにより、国内の楽天会員はNBAの試合を、会員限定のサービス「NBA LEAGUE PASS」で視聴することができるようになる。NBA LEAGUE PASSはNBAの公式サイト「NBA.com」や公式アプリ「NBA App」、動画配信サービス「Rakuten TV」から、会員IDを使って申し込む。また、一週間で9試合を視聴できるパッケージサービスも、Rakuten TVで提供していく。

NBAのコミッショナー、アダム・シルバー氏は声明の中で、「楽天は世界でも最も革新的な企業のひとつであり、NBAにとって理想的なパートナー」と述べている。楽天は9月にもゴールデンステート・ウォリアーズ(NBAのチーム)とのユニフォーム・パートナー契約を締結している。

また今回のマーケティングパートナーシップにより、楽天は「楽天市場」や国外のEコマースサイトで、NBAの公式グッズを販売する他、メッセージプラットフォーム「Rakuten Viber」でも、NBAのコンテンツを届けていく。

NBAは日本において約30年にわたり活動してきた。また楽天は、スペインのサッカークラブ「FCバルセロナ」とパートナー契約をしている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 時間前

新型コロナ 各国で政府に不信感

マッキャン・ワールドグループが実施した世界的規模の調査から、7割の人々が自国政府の対応に不満を抱いていることが分かった。

4 時間前

エージェンシー・レポートカード2019:博報堂

昨年は海外企業の買収など幅広く事業を展開、クリエイティブ面でも健闘した博報堂。こうした実績は、果たして自社評価に見合うものなのか。

4 時間前

エージェンシー・レポートカード2019:電通

組織改革中の電通にとって2019年は、日本国内では比較的安定感があるものの、海外事業においては困難な一年であった。目下の課題は、インクルーシブな「One Dentsu」の文化を創造していくことだ。

4 時間前

エージェンシー・レポートカード2019:Dentsu X

リーダーシップ層が幾度も変わった、dentsu X。力強い創造性を武器に、顧客からの価格への圧力と、2018年の収益減少という2つの課題に挑む。