David Blecken
2017年8月10日

電通、2017年の業績予想を下方修正

クライアントのマーケティング予算の見直しが顕著、と電通はその要因を語る。

電通、2017年の業績予想を下方修正

電通は2017年12月期(2017年1月1日〜12月31日)の業績予想を修正し、収益が455億円、営業利益は150億円の減額になると発表した。

収益は前回発表予想が9785億円であったのに対し、今回の修正予想は9330億円。

営業利益は前回の1515億円から1365億円に減じた。その一方で純利益は若干増額し、866億円から868億円に。

同社は声明の中で、下方修正の要因は消費財メーカーなど大手クライアントを中心に「グローバルレベルでマーケティング予算を見直す動きが顕著」になったためと説明。これは特に「海外ビジネスでの売上総利益に影響を与えるだろう」とも述べている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

19 時間前

世界マーケティング短信: クリエイティビティに寄せられる、難局打開への期待

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

電通・アンドレー氏、段階的に復帰

休職していた電通グループのティム・アンドレー氏が、まず取締役として職務に復帰した。

2 日前

新型コロナ 各国で政府に不信感

マッキャン・ワールドグループが実施した世界的規模の調査から、7割の人々が自国政府の対応に不満を抱いていることが分かった。

2 日前

エージェンシー・レポートカード2019

主要エージェンシーのアジア太平洋地域における活動を毎年総合的に評価する、Campaign Asia-Pacificの「エージェンシー・レポートカード(ARC)」。ビジネス成長やイノベーション、クリエイティブなどの観点から、2019年度は各社にどのような評価が下されたのか。