Emily Tan
2017年4月27日

AIで「完璧なママ」を作り上げたダヴ

ボディーケアブランド「ダヴ」は新しくベビーケアラインを立ち上げるにあたり、ハッピーフィニッシュ(制作会社)、MHPコミュニケーションズ(PR会社)と共に、メディアが描く母親像を視覚化。メディアに溢れる非現実的で不気味な母親のイメージに、疑問を投げかけた。

AIで「完璧なママ」を作り上げたダヴ

AI(人工知能)が新聞、雑誌、ソーシャルメディアから母親のイメージを1,800点以上スキャンして作り上げた母親像、「Aimee(エイミー)」をご覧いただこう。

写真のようにリアルな画像は、ディープラーニング(深層学習)の一種で「敵対的生成ネットワーク(GAN)」というシステムによるもの。2種類のアルゴリズムを用いており、片方のアルゴリズムがイメージを作ると、もう一方のアルゴリズムが、そのイメージのリアルさを判断するという仕組みだ。2つのアルゴリズムが生成と判断を繰り返しながら、広告での使用に耐え得るレベルの画像を短時間で完成させる。

「今までこの方法で作成された画像に、画素数が200ピクセルを超えるものはありませんでした。しかし、今回のプロジェクトには最低でもメガピクセル(100万ピクセル)の、写真並みにリアルな画像が必要でした」とハッピーフィニッシュの技術部門責任者、マルコ・マルケージ氏は説明する。

制作にあたっては、まずAIの調整に5週間を要した。その後5日間をかけて、システムがエイミーの画像を作り上げた。

ダヴと制作に関わった2社は、つややかな髪と手入れが行き届いた爪、引かれたアイラインも完璧なエイミーの姿を見て、これは論争の的になると確信。そして、確信は現実のものとなった。ビルボード(看板広告)から見下ろすエイミーの「完璧なママなんている?」という問いかけと、添えられた「#realmums」というハッシュタグに、ロンドンのママたちはツイッター上で怒りを爆発させた。

例えば、@mummy_setraというユーザーが「#realmum(リアルなママ)はあんなルックスじゃない!」と投稿すれば、@sushirollphanというユーザーは「あの画像が一体、何の手本になるの? 良い親になるために、スーパーモデル並みの容姿になる必要はない」と反応する、といった具合だ。

だが、ダヴはすぐに「それこそが表現したかった本質だった」と声明を発表した。エイミーのようなイメージを押し付けられることに対して母親たちがどのように感じるか、議論してもらいたかったのだという。

エイミーの広告を掲出した翌日には、メディアで目にする典型的な母親のイメージは現実を反映していないとも指摘した。

「メディアで描かれる母親像を追って頑張りすぎることは、良い母親になるために必要なことではありません」と声明で訴えている。

(文:エミリー・タン 翻訳:高野みどり 編集:田崎亮子)

提供:
Campaign UK

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2 日前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

4 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。